体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

古民家リノベ[5] 限りある予算で理想を叶えるコストダウン術

古民家リノベ[5] 限りある予算で理想を叶えるコストダウン術

古民家リノベーションとなると、一体いくらかかるのかが気になるところ。相見積もりを依頼した5社からの提示金額も、実際倍額以上の開きがあった。一目惚れした古民家を予算オーバーながら入手したこともあり、リノベーションにかけられる費用は限られていた。こだわりを生かしつつコストダウンするため、私が実践した工夫を紹介しよう。

面積の大きい床・壁・天井は全体コストへのインパクトも大

正直、どの会社の提案も予算オーバーだった。私がコストダウンにあたって、最初に諦めたものは「床暖房」。古民家でも寒いのが嫌で、リビングに床暖房があったらさぞ快適だろうと考えた。同時にスリッパ嫌いなので、裸足が気持ちいい無垢材の床にしようと決めていた。しかし、床暖房と無垢材は相性が悪く、床暖房対応の無垢材フローリングは大変コストが高くなってしまう。

しかも、和室一室以外は全てフローリングなので、高コストの床材をほぼ家全体に使うことに。床材そのものの単価差は小さくても、使う面積が広いのでコスト影響は大きくなる。家全体での統一感がなくなるがリビングだけ床暖房対応の別フローリングにする、無垢を諦める、なども検討した。しかし、結局床暖房は冬だけ、ということで我慢することに。これによって、床暖房用の機器なども含め100万円以上のコストダウンが楽にできた。

床材と同様、外壁、室内壁、屋根など使う面積が大きい材料は、全体コスト影響も大きいので重点的に検討を。私は、外壁を必要最小限の手直しに、屋根も既存のものをそのまま使い、コストをおさえた。その分室内にはこだわって、壁も天井も全て珪藻土にした。もちろん室内でも、人目につかない小屋裏収納はベニアのまま、などメリハリはつけた。

既存の建具やサッシ、補助金制度、利用できるものは全て使う

初めて見たときの家の風情が気に入っていたこともあり、元々あったもので使えるものはなるべくそのまま使った。外壁は、間取りの変更等に伴い大幅な変更を要する部分はガルバリウム鋼板の外壁材をはったが、変更の少ない部分は木の外壁をそのまま生かして補修し、塗装のみで済ませた。これで約30万円のコストダウン。

建具やサッシなども同様、使えるものは積極的に利用した。14カ所も窓のある家だったが、ここ10年前後に修繕されていたサッシもあり、吟味した結果、新品は5カ所だけですんだ。大部分の窓はそのままサッシの枠を利用して、省エネ対策でガラスだけは複層に変更することでこれによって約30万円浮かせることができた。

耐震性や断熱などの基本性能にはお金をかけた甲斐があって、国土交通省の省エネ住宅ポイントの制度を満額利用することができ、この分も実質コストダウンになった。このような国や自治体の有り難い補助金制度で、条件に当てはまり使えるものがないかは重要なチェックポイント。年度ごと、自治体ごとに制度や条件は異なるので、最新情報を早めに直接問い合わせる事をオススメする。【画像1】外壁コストダウンの一例。窓をなくすなど大幅な変更で補修がききにくい部分を除き、既存の木の外壁を生かせるものはなるべくそのまま使い、補修して塗装した(写真撮影/左:長井純子、右:片山貴博)
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会