ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あさが来た 若い世代には専業主婦で家守る姉・はつが魅力

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 NHK朝のテレビ小説『あさが来た』の高視聴率が続いている。各女性キャラクターの魅力もその人気の秘密になっている。女性セブンでは、400人に緊急アンケート調査を実施。女性キャラクターについて聞いた。

 まず、「『あさがきた』で共感できる女性キャラクターの生き方は誰ですか?」という質問に対しての結果をご紹介。

【1位】あさ(波瑠):54.0%
【2位】はつ(宮崎あおい):22.0%
【3位】よの(風吹ジュン):9.0%
【4位】うめ(友近):6.7%

 続いて、「憧れのキャラクターは誰ですか?」

【1位】あさ(波瑠):56.0%
【2位】はつ(宮崎あおい):18.3%
【3位】よの(風吹ジュン):13.3%
【4位】梨江(寺島しのぶ):4.7%

 どの年代にも共通するのが、主婦たちの「はつ」への共感と、「よの」への憧れ。京都府に住む46才の主婦A子さんが言う。長男(24才)、次男(22才)、長女(19才)と3人の子供を育て上げた。

「共感できるのは、やっぱりはつですね。どんなに自分の思いがあっても、嫁いだら相手の家の風習やしきたりに合わせてやっていくしかないから。自分の実家のことなんて口にしたら離婚になりかねませんよね。

 でも逆に、お姑さんが高齢になったりして、自分の時代が来たら、はつは思っていることを主張したり、自分流を出している。まさに妻の鑑だなぁと見ています。憧れているのはよのですね。家のことにしっかり目配りができて、でも出しゃばらずに信頼できるアドバイスをする。あんな姑になりたいですね」

 だからこそ、A子さんがどうしても共感できないのは、あさだ。

「あんなふうに自分を押し通したら家庭はうまくいきません。破綻しますよ」

 しかし、同じ主婦ながらも、あさに共感している女性もいる。和歌山県に住む53才の主婦B子さんだ。

「あさは、まだまだ女の地位が低い時代にすごいなぁと思います。でも憧れるのははつ。どんなことにも動じずに旦那様を信じ、舅や姑に仕えるなんて立派。私なんて、義理の両親に会うのは年に数回なのにグチグチ言ってしまうから…」

 ただ一方で、主婦には「あさ」への憧れも強い。それは「私もこうなりたかった」という思いがあるから。

「今は家庭に入っていますが、大学を卒業したばかりの頃は、仕事でバリバリやっていく自分を夢見ていました。でも夫が、結婚したら仕事を辞めてほしいって。夫が帰宅するのを待つ毎日で、なんか自分の人生ってなんだったのかな、と考えてしまうことがあります」(都内在住・39才・主婦)

 結婚し、子供を産んで、姑に仕える―そんな経験がある主婦たちは、はつに共感し、よのに憧れ、もしかしたらあさのような人生もあったかもしれないと思いを馳せる。では、あさのように働く20代の未婚女性はどうか。意外や、「はつやよのに憧れる」という声も少なくない。

 神奈川県に住む25才のC子さん(未婚・会社員)は、はつにも女性としての意志を感じると言う。

「やりたいことをどんどんやるあさも魅力的だけど、今の世の中、自分のやりたいことが次々に見つかることもそうないのに、やったら全部うまくいくなんて夢のような話。だから、自分の意志をしっかり持って家庭を守るはつに共感するし、私もそうなりたいなと思うんです」

 マーケティングライターで、「草食系男子」などの流行語を世に広め、インフィニティの代表取締役を務める牛窪恵さんの働き方は、まさに現代版・あさといってもいい。牛窪さんが共感し憧れるのは、やはりあさだけれど、はつのちょっとしたせりふにハッとさせられることも多い。

「あさはさすがだなと思う半面、私は絶対にあそこまではやれないな、と思う。たとえば、あさはピストルを忍ばせて男だらけの炭坑に乗り込みましたよね。私は、会社のスタッフが女性ばかりだから、やれてきた。それに、働く女性っていまだに“女性らしさ”とか“女性としての感性”を強みにしようとするけれど、あさは男性的な部分で勝負する。いちばんすごいな、と思うのはその部分です。

 はつもすごい信念の持ち主です。あさにアドバイスをした後、ひとりで、“何を偉そうに言うてますのやろ。子を産むことしかできんくせに”と言う。これって専業主婦のかたが負い目に感じる部分をそのまま言葉にしている。そんなふうに、妹と比べて葛藤しながらも、落ち込まずに自分の力で生きていこうとするパワーはあさに負けていません」

※女性セブン2016年3月24日号

【関連記事】
『あさが来た』あさ 大変なことが起きる直前目が大きく開く
朝ドラ新ヒロイン波瑠 純白の衣装で伏し目がちな美しい笑顔
『あさが来た』衣装担当 登場人物のキャラを着物に反映させる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP