ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カー用品で愛車をリフレッシュする方法3つ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 モテ車を解説する「週刊ポスト」連載の「死ぬまで カーマニア宣言!」。これまでにクルマを40台買ってきたフリーライター・清水草一氏(54)が、カー用品を使った愛車のリフレッシュ法について解説する。

 * * *
 ご同輩諸君。愛車も長く乗っていると倦怠期を迎える。かと言って買い替えはカミさんの許可がなかなか出ない。そんな時に効果的なのが、カー用品を使った愛車のドーピングだ。果たして本当にバイアグラ効果が望める商品はあるのか? そこで今回は、カー用品に詳しく、自動車メディア業界唯一の「オカルトグッズ研究家」でもある近藤暁史氏に話をうかがった。

清水:まずマトモなリフレッシュ策ですが、個人的に中古車を買ってすぐに実行しているのが、タイヤ交換です。

近藤:それは間違いなく効果絶大でしょう。

清水:タイヤの寿命は、一応“溝の深さが1.6mm(残り2割)”とされているけれど、経年とともにグリップや乗り心地など、すべての性能が落ちていくので、5年を目安に交換。せっかくなので純正とは別銘柄にすれば、カミさんを取り換えたようなリフレッシュ感が出る(笑)。

近藤:快適性重視にするとか、スポーツ性重視にするとか、以前と銘柄を変えると気分がガラッと変わりますからね。

清水:もうひとつが、エンジンの“根性入れ”です。近所をノロノロ走ってばかりだと、老人の筋力みたいにエンジンがダレてくる。そこで、空いた高速道路で低いギア(ATのSレンジ等)に固定して、レッドゾーン手前まで何度もアクセル全開で回します。

近藤:ストレッチ運動みたいなもんですね。それも絶対効きますよ。エンジンを分解すると驚きますが、いつも高速道路を走っているクルマは燃焼室内がツルツル。ご近所ノロノロ車はカーボンで真っ黒です。その真っ黒カーボンを、たまのストレッチ運動である程度飛ばしてやるんです。

清水:最後が、オイルや燃料の添加剤ですね。実際どれくらい効果があるかは別として、入れれば大抵効いた気がする(笑)。プラシーボ効果(※)かもしれないけど。

【※偽薬効果。患者の薬理効果のない薬をそうとは知らせずに処方しただけで、症状が回復することがある】

近藤:そのあたりは自動車オカルトグッズ研究歴20年の僕の専門です。燃費やパワーの向上を謳う商品は、一部では霊感商法と揶揄されるけど、実際に効くものもある。いい加減なテストで20~30%の向上を謳って、公取委に引っ掛かって撤退したオカルト商品も多いんですが、それはさすがにウソです。あと、商品単価は1万円を上限と考えるといいんじゃないでしょうか。中には全部付けると何十万円、みたいなものもあるけれど、そこまで行くと霊感商法と大差ないので。

清水:信じる者は救われる、にも限度がありますね(笑)

※週刊ポスト2016年3月11日号

【関連記事】
下水処理の消毒でも死なないノロウイルス 特効薬がない
暖房効率をUPさせるカーテンテク 厚手とレースの二重掛けに
時計の選択は“大人のたしなみ”の成熟度を物語る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP