ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ミリオンセラー「アドラー心理学」が人々を惹きつける理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 これまであまり馴染みのなかった「アドラー心理学」に関心が集まっている。『嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え』(ダイヤモンド社)が大ヒットしたことを契機に、書店では特設コーナーが組まれたり、企業や教育現場でもアドラーに関するセミナーが開催されたりする大盛況ぶりだ。なぜ、ここまで人々を惹きつけるのか。

 アドラーの思想を対話形式で描いた『嫌われる勇気』は2013年に刊行され、104万部の大ベストセラーとなった。今年2月末に刊行された続編『幸せになる勇気』もすでに20万部を突破し、その他の関連本の売れ行きも好調だ。

 人気は海外にも広まり、韓国でもベストセラーを記録した。人気作家の伊坂幸太郎氏や石田衣良氏らが作中でアドラー心理学に言及するなど各界著名人にも信奉者は多い。

 書籍だけではない。アドラー心理学を習得した専門カウンセラーによるカウンセリングやセミナーには子育てに悩む親や職場のコミュニケーション術に役立てようという企業の人事担当者らが盛んに訪れている。

 アドラー心理学はオーストリア出身の精神科医、アルフレッド・アドラーが20世紀初頭に創設した心理学だ。アドラーは欧米では精神分析の創設者・フロイトやユングとともに「三大巨頭」と並び称される。人生やビジネスにおける成功哲学を説いた『人を動かす』(創元社刊)で知られるデール・カーネギーも、アドラーの思想に色濃く影響を受けたという。

『嫌われる勇気』の共著者の一人で、日本アドラー心理学会顧問の岸見一郎氏はこう話す。

「心理学という名前がついていますが、アドラーの教えは『どうすれば幸福になれるのか』といったテーマを扱うので、むしろ“哲学”に近いといえます」

 フロイト、ユングと並び称されながら、なぜ今になって、アドラー心理学は日本で脚光を浴びたのか。岸見氏が説明する。

「いかに生きるかという哲学は科学的ではないという批判もあり、日本国内の大学でほとんど教えられてこなかった。

 それが今の日本で多くの人に支持されたのは、誰かの期待を満たすために生きるのではない、『自分が自分の人生を生きなければ誰が自分の人生を生きるのか』というアドラーの思想に共感した人が少なくなかったからでしょう。

 自分の考えが間違いではなく、勇気を持って自らの人生を生きる決心を後押しされた気がすることが、支持された主な理由ではないかと考えています」

 精神科医の和田秀樹氏はこう指摘する。

「フロイトのように原因を探す治療法よりも、アドラーのように物の見方を変える方が鬱になりにくいので、アドラー心理学を取り入れた認知療法が精神医学の分野でも盛んになっています。

 いい大学を出ていい企業に就職すれば安泰という時代ではなくなった現代社会では、挫折したり、途中で失敗しても、別のやり方で目的に辿り着けばいいという考え方は受け入れやすいのでしょう」

 和を重んじる日本人はとかく対人関係での悩みを持ちやすい。新たな一歩を踏み出したい人には、アドラー心理学は人生を変える処方箋になりそうだ。

※週刊ポスト2016年3月18日号

【関連記事】
人々を惹きつけるアドラー心理学 原因ではなく目的を考える
話題のアドラー心理学者 小保方晴子氏の涙に「思惑感じた」
アドラー心理学は「ほめず、叱らず」 SNS社会の処方箋に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP