ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エヴェレスト撮影の岡田准一 役者としての自分を語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 第38回日本アカデミー賞での最優秀主演男優賞受賞など実力派俳優としての地位を着実に確立してきたV6の岡田准一(35才)が、世界最高峰であるエヴェレストでの撮影に命懸けで挑んだ映画『エヴェレスト 神々の山嶺』(3月12日、全国ロードショー)。

 岡田は、ただの山男になることだけを一身に思い、大自然の厳しい自然の中で過酷な撮影に挑んだという。岡田が演じたのは孤高の天才クライマー・羽生(阿部寛)と出会い、エヴェレスト登頂に挑む、山岳カメラマンの深町誠。

「この役のお話をいただいたとき、エヴェレストでの撮影、そして羽生役を阿部さんが演じられることも聞き、その2つが揃うならぜひやらせてほしいと言いました。もともと登山もカメラも好きだということもあり、危険かどうかは二の次でした。

 連載開始から20年以上映像化が実現しなかったのは、羽生を演じきれる役者さんがいなかったんだと思うんです。やっと羽生という役柄に阿部さんが出会ったのなら、ぼくは喜んで受けますよ。だから、大変っていうよりは楽しみでしかなかったんですよね」

 日本映画史上初となるエヴェレストでのロケは、10日間かけてエヴェレストに登り、標高5200m地点での撮影を敢行。「酸素が半分で、気温がマイナス20℃にもなる場所。靴ひもを結ぶのさえ嫌になる世界」だったという。

「マロリーはそこに山があるから登る。羽生はおれがいるから山に登る。ぼく個人の場合は今まで、仲間がいるから山に登っていました。仲間と登るのが楽しいからであって、挑戦ではないんですよ。だけど、誰も登ったこともないルートや過酷さ、誰かを犠牲にしてまで命を燃やしてやりたいことをやるということに多少の憧れは持っているんだと思います。

 エヴェレストの手前にあるヒマラヤ山脈は、地球の壁みたいに感じる場所で、神々の山嶺っていう原作にあるタイトルがピッタリ。そこにチャレンジするなんて映画の仕事がなかったらぼくの人生にはないんです。行ってみたいなとは思っても、長い休みをかけて命懸けて実際に行くかと言われたら行かない。でもそこに立ってみると説明できない魅力を、感じるんです」

 極限の世界での撮影となったが、圧倒的な自然との対峙の中での、ドキュメンタリーさながらの迫真の演技は、岡田の自信にも繋がった。だが、そこに甘んじているわけではない。

「いい芝居ができる役者が一流だとは思っていないんです。芝居だけでなく現場での立ち振る舞いも含め、次の現場でも仕事がしたいと思っていただけるような役者を常に目指しています」

 日本アカデミー賞を受賞して以来、ジャニーズ事務所の後輩から相談されることも増えてきた。

「ぼくはアイドルをやりながら役者として認められるのは奇跡だと思っているんです。昔は“なんでジャニーズが芝居しているんだ?”っていわれてきた世代なので(笑い)。今のぼくがいるのは、見てくださっているかたや役者の先輩に応援してもらったり、作品にも恵まれているからだと思うんです。本当に運がよかったんだと思います。そして何より受け入れてくれるV6のメンバーがいるんです。そこを常に大事にしていきたいと思っています」

 アイドルでありながら、日本アカデミー賞受賞という偉業を成し遂げた役者・岡田准一の挑戦はまだまだ続く。

※女性セブン2016年3月24日号

【関連記事】
エヴェレストで撮影の阿部寛 4500m超え命の危険感じる
阿部寛 極限の撮影振り返り「岡田准一と尾野真千子は屈強」
若き日の阿部寛 大滝秀治の楽しそうな芝居に影響受けた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP