ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

美容室の洗髪で「かゆいところ」答える人はどれくらいいる?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 美容室で髪を切ってもらっていると、何のためにあるの?と疑問が浮かぶサービスが何かとある。そうは言っても、美容室で美容師さんにはなかなか質問しにくいもの。そこで、サービスに関する素朴な疑問について、美容師歴20年以上、『六本木美容室 白金店』店長の町田ゆきさんに答えてもらった。

【洗髪後やカット後に手渡されるホットタオル。これは何のため?】
 
 タオルは、男性に渡されることが多いようだ。六本木美容室白金店でも、男性にしか渡していないという。いったい、なぜ?

「女性と違って、男性は髪が短いかたが多いので、短い髪の毛が顔につくことがあるのでそれを拭き取ってもらうためのものです。当店では、カットして髪を乾かしてから、最後にホットタオルを渡しています。顔を拭くかたもいますし、首をシェービングすると毛が残ることがあるので首を拭くかたもいます」

 女性は化粧をしていて顔を拭けないなどの理由もあり、タオルは渡していないそう。

【洗髪の時「かゆいところはありませんか?」で「ある」と答える人いる?】

 なかなか「〇〇がかゆくて…」とは言いにくいものだが、やはり「ある」と答える人は少ないようだ。

「1割くらいでしょうか。年配のかたが、比較的多いかもしれません。頭皮の感覚が鈍くなっていて、軽く洗うのでは物足りないかたもいるでしょうし、長年、同じ美容院に通って美容師と仲良くなって、かゆいと言いやすくなるというかたもいると思います。初めての美容院ではなかなか言いづらいのかもしれないですね」

 なぜ「かゆいところがあるか?」と尋ねるかというと、地肌を洗う中で血行がよくなり、かゆみを感じる場合があるからだそうだ。

【客の目の前に置く雑誌は、何を基準に選んでるの?】

 初めての美容室で席に座ると、あまり興味のない雑誌を置かれることも多いが…。 

「ドレッサーの前に置く雑誌は、常連のお客さんには好みを覚えておいて、次回も同じジャンルの物を出します。初めてのお客さんには、服装や年齢を見て、あえて“ちょっと若め”のターゲットの雑誌を出すようにしています」

 ただ、客が席に座ってからは「読みたい雑誌ありますか?」と聞くようにしているという。ちなみに、店に置く雑誌は“雑誌係”がいて、客の声などを反映しながら選んでいるそうだ。

【ハサミは美容師さんの自前ってホント?】

「基本的にうちでは自前です。値段に関してはピンキリで、アシスタントが使う安いもので2、3万円くらい。スタイリストになると、切れるハサミじゃないと長く使えないので、10万円以上するものを使っている者もいます。濡れている状態で切るハサミ、ドライで切るハサミ、すきバサミの最低3本は必要です。私は5本くらいで回しています」

 ハサミは定期的に専門の業者に研ぎに出すが、研ぐほど刃が薄くなるので、10年ほどで買い替えるそうだ。

【美容師さんは体臭、口臭ケアはどうしてるの?】
 
 客と近い距離で接する仕事だけに、“ニオイ”には人一倍気をつけているそうだ。
 
「例えば、食事には気を使っています。ギョーザやペペロンチーノなどのニンニク系はもちろん、焼肉などのにおいいが残るものは、休日の前日にしか食べません。煙草を吸っているスタッフもいますが、その後のケアを頑張っています。全身に消臭剤をして、手をしっかり洗い、ブレスケアを大量に食べています(笑い)」


【関連記事】
カット3000円の大阪の美容院 訪問美容を始めフル稼働状態
美容室で読む雑誌のデジタル化が進行中 年配層からは苦言も
恐竜型キャラ文具「ポケットザウルス」初年度で500万個販売

NEWSポストセブン
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP