体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

[吉田戦車さんインタビュー]あれから5年。東日本大震災を振り返り、故郷岩手に思うこと

f:id:akasuguope02:20160308130130j:plain

2011年3月11日、岩手県奥州市出身で東京在住の漫画家・吉田戦車さんは、1歳になった娘さんと井の頭公園に遊びに行きました。強い地震の揺れに見舞われたのは、それから自宅に戻った直後。今でも休憩した公園のベンチの近くに行くと「その1時間後のことを思って胸がドキドキ」という吉田戦車さんに、当時のこと、故郷のこと、そして被災地への思いを語っていただきました。

被災地の様子を震えながらテレビで見ていました

あの日は娘と井の頭公園に遊びに行って帰ってきて、自宅の2階にいた伊藤(妻で漫画家の伊藤理佐さん)に娘をバトンタッチしたあと、強い揺れを感じました。

驚いたのと同時に、とっさに玄関が開くかどうか確認して、いつでも外に逃げられるようにしたあと、2階に上がった。伊藤は子供を抱いて机の下にもぐり、「コワイよ、コワイよ」とずっと言っていました。その後下に降りて一緒にテレビを見て呆然としていたことを覚えています。

数日後、今度は原発の問題が深刻化。まだ子どもが小さいので、東京の浄水場でヨウ素が検出されたときにはパニックになりましたね。

すぐにスーパーから水が消えて、当時の日記を読んでも、「今日は水が1本だけ買えた」とか書いてある。水の確保に駆けずり回るなか、近所の人が、「水足りてる?」って声かけてくれたり、スーパーのレジの人が、ひとり1本のボトルの水を夫婦で2本買おうとしたら「赤ちゃんの分もカウントしていいんですよ!」と気遣ってくれたり。そういうやりとりに心温まることもありました。

でもテレビを通して被災地の現実を見るのは辛かった。僕の両親も親戚も友人も、運良く無事でいてくれましたが、高齢者の方が水浸しでガタガタ震えながら、僕や両親と同じ方言でテレビ取材に答えているのを見たときは、一緒に震えながら泣いていました

原発事故の後は、放射能を恐れて関東から離れた人が結構いましたよね。うちもどうするか夫婦でさんざん話はしましたが、結局は「仕事あるし」と東京に留まって今に至ります。ただ、子どものこともあるので、放射性物質のことはネットでずっと情報収集を続けていました。

拠り所にしていたのは、今は役目を終えて閉鎖されている「専門家が答える暮らしの放射線Q&A」とか、twitterで発信していて書籍化もされた「いちから聞きたい放射能のほんとう」(菊池誠、小峰公子/著)や「知ろうとすること。」(早野龍五、糸井重里/著)など。

こういった、科学的かつ冷静な情報をある程度信頼して、東京を離れる必要はないと判断したのです。ただ、遠くへ行った人たちの気持ちも分かるので、否定することも笑うこともできませんでしたね。

そういえば3月11日、僕たちが呆然とテレビを見ている後ろで、娘がはじめて歩いたって伊藤が言うんです。僕は見ていなかったんですが、トトトトって。さらに次の日は、夫婦2人分の牛丼を買ってきて、娘にご飯だけ食べさせようと思っていたら、目を離したすきに手づかみで牛肉を食ってたんですよね。いきなり歩いて、肉食って、急に生きる力が増したな、地震で何か感じ取って、「早く大きくなんなきゃ!」って思っているんじゃないかと思いましたね。

漫画を通じて出会った東北の子どもやお母さん・お父さんたち

1 2 3 4次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会