体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

一度は行っておきたい!五感を刺激する現代アートがおもしろい地方の美術館8選

f:id:arkcomm:20160202112746j:plain

例えば「自分の背丈の何倍もある、真っ白で、切なげな犬のオブジェ」。例えば「真っ暗で、しばらく居ると、何かがうっすら見えてくる部屋」。

言葉にするとまったく意味がわかりませんが、未知の衝撃に触れることのできる現代アート。地方にも独創的でおもしろい美術館がたくさんあります。今回は『一度は行っておきたい!』現代アートがおもしろい美術館を紹介します。

2016年3月に長期休館から復帰! 三内丸山遺跡の隣、あおもり犬がいる美術館

f:id:arkcomm:20160202111749j:plain▲夕闇のなか幻想的な明かりが灯る

青森県立美術館(青森県青森市)

新青森駅から車で10分の所にあります。すぐ隣に三内丸山遺跡があり、建築もそこから着想を得ています。発掘現場のトレンチ(溝・壕)を、凸凹の白い建築物で覆ったような設計で、まるで遺跡と一体になった美術館です。有名なのは高さ8メートルを超える、奈良美智さんの『あおもり犬』。さらに棟方志功や寺山修司といった県内出身者の作品が見られる常設展の他、特撮・怪獣、ポップカルチャー・美少女など、ユニークな企画展の多さも特徴です。2015年9月から大規模な改修工事をしていましたが、それもようやく2016年3月中旬には終わる予定。春休みの頃には再びあおもり犬に遭えることでしょう。

f:id:arkcomm:20160212071702j:plain▲「美少女の美術史」展 タカノ綾作品展示風景(2014年)

青森県立美術館

http://www.aomori-museum.jp

〒038-0021 青森市安田字近野185

Tel 017-783-3000 (代表)

新青森駅から車で約10分

現在は長期改修工事中で2016年3月中旬にオープン予定

ひとつの家にひとつの作品、アートのための家が集まった美術館

f:id:arkcomm:20160202112055j:plain▲ロン・ミュエク『スタンディング・ウーマン』(撮影 小山田邦哉、 Courtesy Anthony d’Offay, London)

十和田市現代美術館(青森県十和田市)

見る者を圧倒するリアルな4メートルの女性像。展示にあてがわれているのは専用の一室。ひとつの作品に対して独立した展示室が設けられ、それがガラスの通路で連結された構造の美術館です。展示室が美術品の家、美術館はその家が集まった街にたとえられ、街中を巡るようなアート体験ができます。常設展として38作品が展示されており、草間彌生、ロン・ミュエクなど、世界で活躍する33組のアーティストのコミッションワークが見られます。建物の向かい側にある広大なアート広場にも、巨大な謎の生物や家がドンと豪快に置いてあり、十和田のおいしい空気を吸いながら伸び伸びとした気持ちになれるアートスポットです。

十和田市現代美術館

http://towadaartcenter.com

〒034-0082 青森県十和田市西二番町10-9

Tel 0176-20-1127

八戸駅からバスで約1時間14分、七戸十和田駅からバスで約40分

9つの展示室と100メートルの塔がそびえる美術館

f:id:arkcomm:20160202112434j:plain▲水戸市内でひときわ目立つ塔がシンボル

水戸芸術館(茨城県水戸市)

水戸駅からバスに揺られて約10分、目に飛び込んで来るのは高さ100メートルの記念塔です。水戸芸術館は、水戸市制100周年(1989年)の記念塔をシンボルに、コンサートホール、劇場、現代美術ギャラリーで構成されています。現代美術ギャラリーは、大きさと光の状態が異なる9つの部屋が連なる空間。歩を進める度に非日常へと誘われます。これほど規模の大きい、現代アート専用のギャラリーを持つ美術館はそう多くありません。

f:id:arkcomm:20160202112540j:plain▲「3.11以後の建築」展 会場風景(撮影:根本譲 提供:水戸芸術館現代美術センター)
1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。