ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ちょっと抵抗あるかも?カメラロールをシェアするアプリ「Shorts」登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

フェイスブックなどのSNSやブログで写真を公開するとき、普通は「これぞ」という1枚を選ぶ。中には、トリミングしたりコントラストを調整したりと、人の目にさらす前に 手を加える事だってあるだろう。

だが、このほど登場した「Shorts」はなかなか大胆な写真共有アプリ(iOS)。なんと、カメラロールの写真やビデオをワンスワイプで公開するというもの。フォローする友人のカメラロールを“のぞく”事もできる。

・上にスワイプして公開

アプリはカメラロールと連動し、アプリを立ち上げるたびに、カメラロールに新たに加わった写真や動画が、カード式に次々に表示される。

ユーザーはそれを見て、公開したいなら上にスワイプ、非公開とするなら下にスワイプしていく。公開のための操作はたったこれだけで、編集などは一切なし。

・プライベート露出も?

一方で、友達になった人の写真を閲覧するときには、「いいね」の意思表示をしたり、コメントをしたりすることができる。

他の写真共有サービスと異なり、編集されていない分、“素”が現れ、また公開・非公開を即決していくだけに勢いによるプライベート露出もありそう。

写真をできるだけたくさん、しかもすぐに友達とシェアしたい、という人には便利なアプリかもしれない。

ダウンロードは無料。現在、Android版も開発中だ。

Shorts/iTunes

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP