ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【関内】お忍びやお祝いにも使える、ミシュラン2つ星の和食屋さん

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【旅ブログキュレーションメディアHUGLOG(ハグログ)より寄稿】

お祝いをしようと関内の「料理屋 真砂茶寮」へ。築50年の数奇屋作りの一軒家は、この関内にあるのが奇跡の様な気がする。

到着すると直ぐに2階の一室に案内された。

まるで旅館の様ですよね。入り口もピタリとドアが閉められ、他のお客さんや担当の仲居さん1名以外との接触は一切ない。接待や、拠所無い事情の方にはかなり使い勝手がよろしいかと。まずは、乾杯。この日はお祝いなので奮発して12000円のコース。先付、春の香具山。

トマトの中には蟹肉たっぷりで嬉しい。ほおずきは食べた事が無かった。

御椀、桜鯛筍摺り流し。すり身の中に、そのままの鯛が忍ばせてあってホクホクして美味しい~。

焼酎のお湯割りを夫とそれぞれ3杯ずつ。向付、本鮪・鯛・車海老・甘鯛昆布〆。お皿が春らしく華やかで日本的ですごく良いなと思った。

煮物、蓮饅頭。大好物なんですよ。シャキシャキして歯応えの良さは勿論、餡がすごく美味しかった。

強肴、サシの入りすぎた柔らかい物じゃなく流石強肴。酒のアテに良い感じの炙り具合。 

焼物、太刀魚菜種焼き。

食事、鯛めし。鯛の身が雪の様に細やかでびっくりした。感激の一品。

菓子、桜。メニューに桜の一文字だったから大嫌いな桜餅だったらどうしようと思っていたら違ったから助かった。最後の最後まで担当の仲居さん以外は顔を合わせる事が無いので、お忍びで行かれる方には大分使い勝手が良いと思う。予約の際に「あん肝と白子が苦手です」と言うと「聞いて良かった。使おうと思っていました」と、とても感じの良い対応をして下さった。事前に言えば臨機応変に変更出来るみたいですよ。結納なんかのお祝い事の時に使うのも良いでしょうね。ご馳走様でした。

[寄稿者:浜 みき]
このブロガーの記事一覧をHUGLOG(ハグログ)でみる→http://huglog.jp/author/hamamiki/

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP