ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ぐんぐん痩せちゃう! 生理前1週間の“豆乳”ダイエット

DATE:
  • ガジェット通信を≫

女性の体には約1ヵ月周期のサイクルがあります。その中で、特に生理の1週間前は気分も落ち込みがちで太りやすい時期。ダイエットには生理後が最適というのも常識です。そこでおススメしたいのが、生理前の1週間、豆乳を飲むダイエットです。

生理前後で変わる女性の体のメカニズム

排卵が終わって生理が始まるまでの間は、本来なら女性の体は妊娠の準備をしている状態。体に栄養を蓄える必要があるので、脂肪や水分を溜め込んでしまうのです。生理が始まり妊娠していないことが分かると、溜め込んだ栄養は不要になるため、経血と一緒に体から排出されます。これらは、女性ホルモンの働きによるもの。排卵から生理までの間は、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減少する時期と重なります。

生理前1週間“豆乳”を飲むダイエットの効果は?

豆乳には女性ホルモンと似た働きがあるイソフラボンが豊富です。生理前はイライラしやすい時期でもありますが、そんな症状の緩和にも豆乳は効果的。でもそれ以上に、豆乳には体に脂肪を溜め込みにくくする効果があるのです。それは、豆乳に含まれるサポニンの働きによるものです。さらに豆乳には食物繊維やオリゴ糖も豊富。便秘の予防にも効果的ですし、オリゴ糖には善玉菌を増やして腸内環境を整える効果もあります。つまり、生理前の1週間、豆乳を飲むことで溜め込みにくい体を作ることができるのです。生理が終わったら、不要なものを排出するという体の働きは変わりません。つまり、生理が終わるたびにグングン痩せていくことができちゃうのです。

豆乳を飲むのは1週間限定! 飲む量は1日200ml

効果があるからといって、1ヵ月毎日豆乳を飲むのはおススメできません。また、飲み過ぎはイソフラボンが過剰となり、逆にホルモンバランスを崩してしまいます。さらに、毎日飲めば体はその状態に慣れてしまい、効果はだんだん薄くなってしまいます。あくまでも生理前1週間だけ毎日200mlを飲むようにしましょう。生理前の少し憂鬱な気持ちもイソフラボンの働きで緩和されるかもしれません。ダイエット効果もバッチリの方法ですよ。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP