ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高齢者のインフルエンザ 肺炎との合併症が懸念材料

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2月28日、天皇陛下がA型インフルエンザと診断された。昨年12月に82歳になった天皇は今年もほとんど休みなく多くの公務をこなしてきた。高齢でインフルエンザに感染すると、どのような危険が潜んでいるのか。
 
 厚労省が週ごとに発表する「インフルエンザによる入院患者数」(2月15~21日、1349人)を年齢別にみると、10歳未満が43%で最も多いが、次に多いのが高齢者だ。60代は10%、70代13%、80歳以上は19%と歳を重ねるほど割合が増えていく。日本臨床内科医会でインフルエンザ研究班長を務める河合内科医院・河合直樹医師はこう解説する。

「高齢者がインフルエンザを発症すると、気管などの呼吸器が荒れ抵抗力が落ちて細菌が付着しやすい。この細菌によって引き起こされる肺炎との合併症が高齢者には多いのです」

 河合医師らが2002年から2003年のA型インフルエンザ患者1825人を調べたところ、肺炎を併発した割合は15歳以下は0.1%、16~64歳は0.8%しかいないのに、65~79歳で2%、80歳以上は13%と跳ね上がった。

「肺炎合併症にかかると、呼吸困難で酸素を取り込みづらくなる。悪化すると血中酸素濃度が落ちて意識障害を生じ、命に関わることもあります」(同前)

 肺炎は高齢者の死亡原因の3位にランクされる病気であるだけに、対策が必要である。

「肺炎球菌感染の予防接種を受けるだけでリスクを下げることができる」(同前)

◆被災地訪問に並々ならぬ思い

 インフルエンザによる懸念事項がもう1つある。心臓への影響だ。狭心症の持病がある天皇は2012年、心臓の冠動脈バイパス手術を受けている。秋津医院の秋津壽男院長は「狭心症だから即危険というわけではない」と断わった上でこう語る。

「インフルエンザは若い人でも体力を消耗する病気です。基礎疾患で体力が落ちている高齢者の場合、高熱が続くと脱水症状が起きる。すると血液の量が減って心筋に十分な血液を送り込むことができなくなり、間接的に心臓発作を引き起こしやすくなる。そのため小まめな水分補給が大切です」

 肺炎を併発した場合はさらにリスクを高める。

「呼吸機能が低下すると当然心臓に負担がかかる。発作が起きれば命の危険につながる場合もある」(前出・河合医師)

 気になるのは、今年はA型インフルエンザとB型インフルエンザ両方が流行っていることだ。A型に感染して治っても次にB型に感染する可能性がある。

 インフルエンザ治療薬としては、カプセル剤のタミフルや吸入薬のリレンザなどが知られるが、最近は高齢者に適した薬も出ている。

「1回吸入するだけで5日間効果が持続するイナビルや、重症化して薬が吸入できない患者にはラピアクタという点滴薬もあります。高齢者の場合、家族に罹患者が出たら予防的に投薬することも有効です」(同前)

 そして各医師たちが口を揃えて指摘するのは、「十分な休養が最善のインフルエンザ対策」という点だ。しかし、宮内庁関係者は不安顔だ。

「3月11日には東日本大震災から5年の節目を迎えます。両陛下は16日から2泊3日の日程で福島と宮城を訪れ、被災者を慰問される予定になっている。

 陛下は被災地に並々ならぬ思いを抱かれていますので多少体調が悪くとも訪問は予定通り行なわれるでしょう」

 昨年、豪雨被害を受けた茨城県を訪問した際には、冷たい雨が降りしきる中、両陛下は傘も差さずに長時間黙祷を捧げ、その姿に被災者は大いに勇気づけられた。そうした国民への労りと同じように、自らの健康への心遣いを多くの人々が願っている。

※週刊ポスト2016年3月18日号

【関連記事】
タミフル耐性インフル 若い人もウイルス性肺炎発症の危険性
新型鳥インフルエンザH7N9とH5N1の違いとは
R-1ヨーグルトだけじゃない ダチョウ抗体等インフル予防商品

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP