ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

きみまろ「夫婦川柳」傑作選 【ケチケチ家計簿編】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 お待たせしました! 春の訪れとともに、あの季節がやってまいりました。花粉症? 加齢臭? 違います! 「夫婦川柳」で大爆笑する新たなシーズンの到来です。皆様の熱いご支持のおかげで、続々増刷中の第1巻に続く新刊が出版の運びとなりました。題して、『きみまろ「夫婦川柳」傑作選2』……そのまんまですが、今回はその収録作品の中から、「ケチケチ家計簿」の傑作を紹介しましょう。

【ポイントを 貯めて行ったら 店がない!】

 気軽に貯めて、便利でお得なポイントサービス。コツコツとポイントを貯め、「タダで食べられるのよ」。ご主人とステーキディナーのレストランへ。ところがまさかの閉店。どうやら、客足が思わしくなくて潰れたようです。

「悔しい! 必死でポイントを貯めたのに」「貯めるより、店が流行ってるかどうか、調べるのがポイントだろ。それに予約のアポイントもな」。家に戻り、残り物のコロッケで、夕食を済ませるご夫婦なのです。

【ケチ女房 作る弁当 『嫌がらせ』】

『今日も嫌がらせ弁当』(三才ブックス)という本が話題になりましたが、ご主人からはこんな不満も……「うちの女房の弁当は愛情ゼロ。おかずは安くて俺の嫌いな物ばかり。完全に嫌がらせだよ」。

【嫌がらせ? 弁当づくりも オレがやる】

 たまらず、自分で弁当を作るご主人。「アラッ、やればできるじゃない。明日から朝食も夕食もアナタが作ってね」。女性芸人おかずクラブのゆいPのフレーズ「それがお前らのやり方かぁ!」を、またもや口には出せず、心の中で叫ぶご主人でした。

※週刊ポスト2016年3月18日号

【関連記事】
『きみまろ「夫婦川柳」傑作選』発売 「緊縮家計編」の傑作
きみまろ川柳最新作「早過ぎる! 8.6秒 バズーカー?」
綾小路きみまろ 祖母に「姥捨山読んで」とせがむ鬼孫を語る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP