ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ルネッサンスリゾート ナルト」のレストランがリニューアル!海絶景のビュッフェに注目【徳島】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは!

関西・中国・四国じゃらん編集部の川崎です。

徳島県鳴門市にある海絶景を望むホテル「ルネッサンス リゾート ナルト」のレストランがリニューアルオープンしたので、今日はその全貌をご紹介したいと思います。

レストラン以外にもお楽しみがいっぱいのこちら、ぜひ春のおでかけの参考にしてください!

リニューアルした、海を眺めるレストラン「フォーシーズン」!

四季を表現した爽やかな空間が広がる店内

海辺の古城をテーマに全面改装した最上階のフランス料理レストラン「フォーシーズン」では、休日に「フレンチビュッフェ キャトルセゾン」が楽しめます。

素敵な店内に入っただけで、もうすでに優雅な気分に。

食材の宝庫と言われる阿波・鳴門で、料理長が厳選した旬の食材が、華やかなフレンチに調理されます。肉・魚・野菜料理から好きなメインを1つ選べる♪

春の選べるメインディッシュの中でもおすすめなのは、一本釣りの天然鳴門鯛をブイヤベースにて味わえる一品。

鳴門鯛は世界三大潮流「鳴門の渦潮」の激流のなかで育つので、コリコリした歯ごたえと引き締まった身、そして適度にのった脂の旨みが最高なんです!色とりどりの美しい料理が食欲をそそります♪

キッシュやカナッペ、美しいオードブル、特製スープにフランス伝統菓子に季節のフルーツは好きなものを好きなだけ。全種類制覇したくなること間違いなしですね。どれから食べようか本気で迷ってしまうスイーツたち

お腹いっぱい料理を堪能しても、甘いものは別腹~!

なんと30種類ものスイーツまで用意されてるんです!そこらのスイーツビュッフェも顔負けです。

特にすだちのパンナコッタや和三盆のクレームブリュレ、鳴門金時のカットケーキなど徳島ならではの素材を使ったスイーツはぜひ試してみてくださいね。食後のコーヒー&紅茶も超充実!

さらに20種類の紅茶。アッサム、アールグレイ、ダージリンの定番モノから、ローズマリー、ネトル、レモングラスのハーブティまで♪女子には嬉しすぎる品揃えです。

(ネトルって何…と思って調べてみたら、緑茶のような香りがするハーブらしい。花粉症などのアレルギー軽減が期待できるらしいです。)

最初から最後まで大満足間違いなしのフレンチビュッフェ、ぜひ行ってみてください。

さらに、お気軽に楽しめる温泉+ランチの日帰りプランもあるそうなので、要チェックです! フレンチビュッフェ キャトルセゾン

場所/フランス料理「フォーシーズン」メインタワー8階

日時/通年、土日祝 11:30~15:00

料金/3500円(税・サ別)

「ビュッフェ付き日帰りプラン」の詳細はこちら

4月から「阿波踊り」がホテルで楽しめる♪

同じ阿呆なら踊らにゃソンソン♪

徳島が発祥の「阿波踊り」は日本三大盆踊りのひとつで、約400年の歴史がある日本の伝統芸能です。

七七七五調の囃子ことばを「よしこの」のリズムに乗せ踊り興じるその熱狂ぶりと踊りの激しさは、リオのカーニバルとも並び称されています。

ルネッサンス リゾート ナルトでは鳴門市阿波踊り振興協会の協力により、鳴潮・満月・渦潮・浮々の5連と、ホテル芸能部(←!!)ルネッサンス連の計6連による日替わり公演を無料で鑑賞できるんです。

特設演舞場ではなりものに合わせて阿波踊りが披露され、連長による踊りのレクチャーなどもあるそう。 阿波踊りライブ

【期間】2016年4月1日(金)~9月30日(金)

【時間】20:40~21:10

【場所】2階「海天」特設演舞場

【料金】無料

※8/7~15は鳴門市・徳島市の阿波踊りのため休演

まとめ

リニューアルしたてのレストランで大満足ビュッフェに阿波踊りライブまで、幅広く楽しめるエンタメ感満載の「ルネッサンス リゾート ナルト」。鳴門は美味しい食材も豊富なので、ぜひ春のおでかけの参考にしてみてくださいね! ルネッサンス リゾート ナルト

TEL/088-687-2580(代表)

住所/徳島県鳴門市鳴門町土佐泊字大毛16-45

「ルネッサンス リゾート ナルト」の詳細はこちら

※この記事は2016年3月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

旬のいちごがた~っぷり♡注目のいちごスイーツが味わえるお店11選【九州】
狩る+αのお楽しみ♪遊べるいちご狩りルート【中国】
お泊り気分でいいとこどり♪九州の日帰り温泉が楽しめる!おすすめスポット厳選4

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP