ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

苦みが効果的! 栄養豊富な春の山菜で内側からデトックス

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
苦みが効果的! 栄養豊富な春の山菜で内側からデトックス

「春野菜」や「春の山菜」が店頭でも見られるようになりました。まだ若々しくて土の中に居たそうな、そんな野菜たちには栄養やパワーが詰まっているのです。

体も目覚めさせて春仕様のボディに

薬膳では冬の間に新陳代謝が落ちて脂肪や毒素を溜め込んでいる人の体から毒素を排出し、体を目覚めさせる食べ物として春野菜を取り入れます。旬の食材にはちゃんと役割があって、春の食材にはデトックス効果が高いものが多いのですね。春は花粉症や季節の変わり目による体調不良も多いので、春野菜を食べて心身ともに活発になりたいものです。

春野菜は苦い? その苦みが良いのです!

特に春に採れる山菜には、菜の花をはじめ、ふきのとうやうど、たらの芽、行者ニンニクなど独特の強い香りや苦みを持つものが多いですよね。この苦み成分は植物性アルカロイドといって、新陳代謝を活発にし、消化を促進する働きがあります。苦い野菜に含まれているポリフェノールは抗酸化力が強く、体内の活性酵素を除去して老化を防止してくれます。せりやうどに多く含まれる香り成分のテルペン類は血圧を下げ、血行促進や鎮静作用がありますよ。他にもビタミンCやミネラルが豊富で、デトックス効果は抜群!

春野菜を美味しくいただくコツ

ふきのとうやこごみ、こしあぶら、たらの芽など苦みのある野菜は天ぷらにすると苦みがやわらぎ、サクサクとした食感で美味しく食べられます。アク抜きをしなくても洗ってそのまま調理できるのでオススメ。ふきのとうは一番苦い花蕾の部分に熱が通るようにむいておきます。たらの芽は株元のハカマを取り除き、株元に十字の切り込みを入れましょう。衣は混ぜ過ぎず、中温より少々高めの温度でカラッと揚げるのがコツ。

小さいころは苦くて、調理法も酢味噌和えやからし和えなど口に合わず食わず嫌いだった春野菜も、大人になると美味しく感じられることがあります。春に向けて体の調子を整えるためにも、献立に取り入れてみてくださいね。

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。