ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

超特急、クリスマス単独公演が映像作品として5/18に発売決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

超特急が、2015年のクリスマスに2日間に渡って東京・国立代々木競技場 第一体育館で開催した、「超特急 CHRISTMAS ONEMAN LIVE 2015 Fantasy Love Train〜君の元までつながるRail〜」での単独公演の模様を映像化、2016年5月18日の発売が発表された。

本作は、2日目の12月24日の模様をBlu-rayで収録。“ファンタジートレインパーク”が公演テーマになっており、ライブ自体がエリア別に分かれ、超特急と8号車(=ファンの愛称)が、クリスマスをテーマパークで一緒に楽しく盛り上がって過ごすような内容となっている。

アリーナには8の字に組まれたステージを走り回ったり、ゴンドラでスタンド席を回るなどで大いに会場を沸かせ、さらには生演奏でマーティー・フリードマン、エリアマネージャー兼監督としてヒャダインが登場。超特急がトランポリンダンクに挑戦するなど、本映像では盛りだくさんの演出を見ることができる。

リリース情報
Blu-ray「超特急 CHRISTMAS ONEMAN LIVE 2015 Fantasy Love Train〜君の元までつながるRail〜 at 国立代々木競技場 第一体育館」
2016年5月18日(水)発売
(通常盤)ZXRB-3008 6,463円+税
(Loppi・HMV限定盤)BD+PlugAir(2個)ZXRB-3009 9,241円+税
<PlugAir配信内容>
PlugAir-1:代々木第一体育館ライブ映像本編+メイキング映像
※Blu-ray収録内容と同じ映像がスマートフォン、タブレットでお楽しみいただけます。

PlugAir-2:2015年春のホールツアー最終日公演(2015年4月10日)のNHKホールライブ映像(BULLET TRAIN ONEMAN SHOW SPRING HALL TOUR 2015 “20億分のLINK 僕らのRING” at NHKホール)
※Blu-rayのディスクはありません。
※副音声は収録されておりません。

<収録内容>※通常盤、限定盤共通
国立代々木競技場 第一体育館ライブ公演(2015年12月24日収録)
約150分収録予定
・特典映像
メイキング映像
約30分収録予定
・副音声
メンバーリアルタイムコメンタリー(2016.3.5リアルタイム副音声上映会atタワーレコード渋谷店SpaceHACHIKAIより)

<Blu-ray収録予定楽曲>※通常盤/Loppi・HMV限定盤共通
TRAIN [Fantasy ver.]
No More Cry [3rd Anniversary Special!!!!!!!!ver.]
No.1 [Christmas ver.]
Burn!
Secret Express
Dancer’s Solo
One/O Signal
Snow break
Beautiful Chaser featuring マーティー・フリードマン
Love again featuring マーティー・フリードマン
HOPE STEP JUMP
OVER DRIVE
バッタマン
Drive on week
Shake body[Yoyogi National Gymnasium ver.]
Fantasy Love Train〜君の元までつながるRail〜
走れ!!!!超特急
fanfare
Starlight
<アンコール>
Signal[Yoyogi National Gymnasium ver.]

・PlugAir-2配信予定楽曲 ※Loppi・HMV限定盤のみ
Gravitation
Superstar
What’s going on ?
Star Gear
Time Wave
Kura☆Kura
Burn!
Believe×Believe
Kiss Me Baby
Secret Express
Bad Boyz(Bad Boyz)
キャンディ・ナイト(cologne)
Cosmic岬(タクヤ)
COMP!!COMP!!COMP!!
メドレー Rush Hour〜Drive on week〜No.1〜Shake body
Billion Beats
ikki!!!!!i!!
Bye Bye Bye
<アンコール>
One Life
走れ!!!!超特急

関連リンク

超特急 オフィシャルサイトhttp://bullettrain.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP