体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ストレイテナー、ニューアルバム発売決定! 「シーグラス」詳細&全国ツアー開催を同時発表!

2016年第一弾リリースとなるシングル「シーグラス」を4月20日に発売することを発表したばかりのストレイテナーだが、5月18日に1年7カ月ぶりとなる9thアルバム『COLD DISC』の発売が決定した。そして、シングル「シーグラス」の詳細と全国ツアー「Step Into My World TOUR」開催も発表! あわせてシングル「シーグラス」ジャケット写真と新アーティスト写真も公開した。
ストレイテナー (okmusic UP's)
アルバム『COLD DISC』は、2015年に発売された“シングルエモーショナル三部作”(すべてオリコン・ウィークリーチャートTOP20入り!)に4月20日発売の最新シングル「シーグラス」を含めた全11曲収録予定。結成18年目を迎えて更に貪欲にバンドの音楽性を追求し完成させた作品だ。

初回限定盤には、過去にDVDとしてリリースしていたビデオクリップ集の第4弾となる、『EMOTION PICTURE SOUNDTRACK 4』を付属。2014年のシングル「Super Magical Illusion」から最新シングル「シーグラス」までのミュージックビデオ7曲を一挙に収録!

そして、ニューシングル「シーグラス」は、グルーヴ感あるアップテンポサウンドにシンガロング的メロディとセツナソング的リリックが同調した、バンドにとってニューフェイズとも言える新曲だ。カップリングにはDISCOGRAPHYの新録バージョン「DSCGRPHY [DECADE DISCO MIX]」を収録。大山純(Gtr.)加入後リアレンジされた最新ライブバージョンを基本に、エレクトロ要素を増量しクールにリアレンジ。バンドの過去と今が交差し進化を体感できるので必聴だ。

さらに、全国ツアー「Step Into My World TOUR」も発表。6月9日LIQUIDROOMを皮切りに、夏フェス時期を挟んで、11月10日(木)初となる昭和女子大学人見記念講堂まで26公演を実施する。

シングル初回生産分にはCD購入者特典として6月9日(木)LIQUIDROOMから7月15日秋田Club SWINDLEまでの前半14公演の “チケット先行予約受付” フライヤーが封入される。また9月23日(金)Zepp Nagoyaから11月10日昭和女子大学人見記念講堂の後半12公演に関しては、5月18日発売の9th Album「COLD DISC」初回生産分に同じくCD購入者特典として、 “チケット先行予約受付” フライヤーが封入される。

リリースに併せた新アーティスト写真は、橋本塁が撮影しイラストレーターの佐々木香菜子がペインティングを手掛けた、シック且つアクティブな力作だ。 “最新ライブが最高のライブ”を自負するバンドのツアーだけに複数回ライブへの参加がお勧め、必見!夏フェス参加情報も含めて2016年初夏からのストレイテナーの動きには要注目だ。

シングル「シーグラス」
2016年4月20日(水)発売

TYCT-30058/¥1,700+税

※CD+DVD

※初回封入特典:全国ツアー「Step Into My World TOUR」 6月9日(木)LIQUIDROOM ~ 7月15日(金)秋田Club SWINDLEまでの前半14公演 “チケット先行予約受付” フライヤー封入。

<収録曲>

■CD

1.シーグラス

2.DSCGRPHY [DECADE DISCO MIX]

3.シーグラス -instrumental-

4.DSCGRPHY [DECADE DISCO MIX] –instrumental-

■DVD

Special Talk & Acoustic LIVE ‘STRAIGHDINNER’ 2016.01.24 at Billboard Live TOKYO

1.TOWER 2.Phantasien 3.Starless Coaster 4.CLONE 5.Toneless Twilight 6.NO ~命の跡に咲いた花~ 7.DAY TO DAY 8.彩雲 9.Lightning

アルバム『COLD DISC』
2016年5月18日(水)発売

【初回限定盤】(CD+DVD)

TYCT- 69101/¥3,600+税

※初回限定デジパック仕様

【通常盤】(CDのみ)

TYCT- 60080/¥2,800+税

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。