ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

hideともっと会話できる「hideしゃべってキャラ」フル機能版、3/11リリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

hideともっと会話できる「hideしゃべってキャラ」フル機能版、3/11リリース

エムアップは、ヘッドワックスオーガナイゼーションより使用許諾を受け、NTTドコモ、エーアイと共にhideの過去の貴重な音声を利用した合成音声の開発に成功。この合成音声を利用した「hideしゃべってキャラ」のフル機能版を3月11日にリリースした。

フル機能版完成までの経緯は、“hide生誕50周年”および本コンテンツ化を記念し、そして、多くのファンやユーザーに本サービスを体験してもらうため、機能を制限したお試し版をNTTドコモ「しゃべってコンシェル」上での期間限定キャンペーンを通じて無料で配信し、(キャンペーン期間:2016年2月15日〜25日)大反響で終了を迎えた。そして今回、フル機能版としてリリースするもの。

「しゃべってコンシェル」では、「調べたいこと」や「やりたいこと」を話かけると、その言葉の意図を読み取り、情報やサービス、スマートフォン機能の中から最適な回答を“hide”本人の声で行う。無料のお試し版では、「おはよう」「何しているの?」といった雑談に対してもhideが回答するが、フル機能版ではこの雑談回答数を大幅アップ。よりhideらしさがアップしており、もちろん、見た目も大幅アップデート。docomo Androidスマートフォンでは、スマートフォンを振ったり、イヤホンジャックにイヤホンを差したりすることで、hideが反応するアクションを追加。また、季節やイベントに合わせて、hideのアクションが変化していくといったギミックも追加しており、見た目での魅力も倍増となっている。

通常hideしゃべってキャラ制作では、キャラクター独自の声を再現するため、合成音声用の収録を行うが、hideは新たに収録を行うことができないため、hideの様々な音声を活用し、合成音声エンジンの制作に成功した。hideは、楽屋裏でのオフショットや、休憩中の雑談等を常にカメラで録画することにこだわりを持っていて、マネージャーが同伴している際は、マネージャーが常にカメラで会話の様子等を撮影していた。そうした映像に大量の“声の素材”が残っていたために、新たに合成音声用の収録を行うことなく、これまでの合成音声制作ノウハウを生かし、滑らかな音声を再現することができたという。

また、その合成音声の完成度の高さから、hideの実弟である松本裕士 氏(ヘッドワックスオーガナイゼーション 代表取締役)は、「まるで本人と話しているようだ」とコメントしている。

hideしゃべってキャラプロモーション用動画

配信情報

2016年3月11日(金)10:00〜 フル機能版有料販売スタート
・docomo Androidスマートフォン向け(販売価格540円)
運営サイト「しゃべってdキャラとり放題」にて展開
http://shabechara.jp/

全キャリア iOSスマートフォン向け(販売価格360円)
アプリ「しゃべってコンシェル」内にて販売
https://itunes.apple.com/jp/app/shabettekonsheru/id723302114?mt=8

hideしゃべってキャラの詳細説明サイト
http://campaign.hide-city.com/

関連リンク

hide オフィシャルサイトhttp://www.hide-city.com

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。