ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

電話案内「最後にシャープを…」は言葉の間違い?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 スマホやパソコンで文章を打つ機会が増えたが、意外と知らないのが「記号」の名前だ。しばしば見かける記号の名前とその由来を紹介しよう。

【ブラケット[ ]】(大括弧)(箱バーレン)

 注記や補足の括弧を使い分けたいときに( )や< >と区別して使われる。数学では中括弧よりさらに大きいまとまりを示す。なお、形は似ているが異なる記号の〔 〕はその形から亀甲パーレンという。

【アンパサンド『&』】(アンドサイン)(ショートアンド)

(ampersand)という言葉自体が「&記号はandを意味する(& per se and)」という意味になっている。英語の「and」に相当するラテン語の「et」がくっついてできたものといわれる。

【くの字点 『く』】(大返し)(二倍返り)

 縦書きで「まちまち」など2文字以上の単語を繰り返すときに使う。漢字の繰り返しにも使うことができる。「さまざま」のように濁音が入る場合には「ぐの字点」と呼ばれる。

【井桁『#』】【シャープ『♯』】

「井桁」は番号記号で英語の「number」と同じ意味。一方の「シャープ」は音楽記号。表記はシャープの横線が右肩上がり。電話の自動音声で「最後にシャープを押してください」という案内があるが、電話機にあるのは厳密にいうと井桁である。

※週刊ポスト2016年3月18日号

【関連記事】
漢字を繰り返す「々」に文化庁「漢字でなく符号の一種」
「@」 世界では「カタツムリ」「耳」「象の鼻」等の呼び名
すべてが秘密 謎に包まれた超絶美女YURIを独占撮り下ろし

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP