ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

絶好調カルビーCEO 「一番使わないといけないのは人件費」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ポテトチップス」や「かっぱえびせん」などスナック菓子の製造・販売で成長してきたカルビー。「モノを売ることとケンカが大好き」と語る松本晃氏が会長兼CEO(最高経営責任者)に就任して以降は6期連続で最高益を叩き出した。元商社マンの「あきんど会長」に作家の杉山隆男氏が迫った。

松本:7年前、このカルビーにきたとき、僕はあえて戦いをつくったんですよ。ここはいい会社ですよ。しかし、戦う気がまったくないの。もともとカルビーはスナック菓子で他の追随を許さないほどの1番でしたが、2番の会社が着々とシェアを上げてきて、その差が縮まっていたんですよ。カルビーが5なら、2番手は1だったのが、私がきたときは、それが3対1になっていた。ところが、社員はのんびりしてるわけですよ。もうウサギとカメ以上に。

──ある意味、殿様商売だと。

松本:そうですね。放っておいたら、今ごろどうなっていたか。だから私は、(やられる前に)差をつけろと言いました。

──社員の反応はあまりよくなかったのでは。

松本:いや、そんなことはないですよ。カルビーの人たちは素直ですよ。私はこの会社で、スローなことには、「遅い! 何しているんだ」と怒りますけど、カルビーには面従腹背とかはない。素直なんですよ。だから、私が言ったことは、みんなわかってくれました。

──松本さんはこれまで伊藤忠での商社ビジネスを皮切りに、39歳で伊藤忠子会社の医療機器の輸入代理店へ出向、外資のジョンソン・エンド・ジョンソンの日本法人、カルビーと、さまざまな業態の会社でリーダーシップをとられてきたわけですけど、仕事や商品が変わっても、会社というものの根本は変わらないんでしょうか。

松本:そう、たくさん売って、たくさん儲けて、たくさん使って、たくさん残したらいいんですよ。お金を使うというのは投資という意味です。無駄遣いは大嫌いですけど、投資をしないと会社は成長しません。

──会社のどんな部分に使うんですか。

松本:一番使わないといけないのは人件費、社員に給料をもっと払えと。設備投資をするより、大事な投資っていうのは人なんだと。それに投資しなくてどうするんだと。

──すると松本さんがきてからは、カルビー社員の平均給与っていうのは……。

松本:偉そうに言う程ではないですが、相当上がったと思いますよ。特に上の方が上がっている。

──上って言うと。

松本:役員クラスとか。

──なぜ下の社員より役員の方を?

松本:上から上げる方がいいんですよ。「偉くなったら、たくさんもらえる」と思ったら、みんな頑張ってやる。だからくやしかったら、偉くなれっていうことですよ。会社に貢献したらいくらでも偉くなれるんだ、偉くなったら給料も増える、だからどんどん偉くなれと。

──ある意味、社員の闘争本能を駆り立てる。

松本:そういう言い方はできるかもしれませんね。偉くなったら、いいことがいっぱいあると。

〈「戦う」ということともう一つ、松本氏のビジネス人生で一貫していることがある。「とにかくあちこち歩く」という現場主義だ。〉

松本:休みの日に一番やっているのは散歩。日曜は3時間歩く。1時間半は散歩、残りの1時間半は現場の定点観測で、スーパー4店、コンビニ6店、毎週同じところでカルビーと他社の商品の売れ具合を見て回る。スーパーはひと月単位、コンビニはもう毎週違います。それを見て回るのがおもしろいんですよね」

──伊藤忠の子会社時代も、自分がセールスする医療機器の具合をたしかめるため、年中手術室にまで入っていた。カルビーでは現場を回ってチェックし、コストの改善につなげていった。現場に行かなければ見えてこないものがあるという。

●まつもと・あきら/1947年、京都府生まれ。1972年、京都大学大学院農学研究科修士課程を修了後、伊藤忠商事に入社。1986年、センチュリーメディカル(株)へ取締役営業本部長として出向。1993年、ジョンソン・エンド・ジョンソン メディカル株式会社(現・ジョンソン・エンド・ジョンソン)に入社。1999年、同社日本法人社長に就任、最高顧問を経て、2009年、カルビー代表取締役会長兼CEOに就任。

※週刊ポスト2016年3月18日号

【関連記事】
松岡茉優 「ダンソン」封印で賞レース挑むバンビーノに太鼓判
ノンアルコールビールバカ売れ 2倍の上方修正も楽々突破
ノンアルコールビールを飲んだことがある人は77%

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP