ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『バットマン VS スーパーマン ジャスティスの誕生』、劇場版ではジェナ・マローン演じるキャラクターがカットされる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

映画『バットマン VS スーパーマン ジャスティスの誕生』で、ジェナ・マローンが演じる詳細不明のキャラクターが劇場版の内容からカットされたという新しい情報が入った。しかし、R指定での延長されたバージョンの一般家庭視聴用ビデオ版には登場する模様だ。

エンターテイメント・ウィークリー誌によると、マローンは、ザック・スナイダー監督による劇場用映画版には登場せず、その詳細は語られていない。

マローンは同作で、バットガール/オラクル(バーバラ・ゴードン)や、フランク・ミラー原作の『バットマン:ダークナイト リターンズ』に登場する女性版ロビン(キャリー・ケリー)を演じるのではないかとの噂が流れていた。

エンターテイメント・ウィークリー誌は、カバーストーリーで、映画『グリーン・ランタン』の主人公であるスーパーヒーローのグリーンランタンは、早くても映画『Justice League: Part2(原題)』が公開されるまではDCユニバースによる映画に登場しないとも明らかにした。グリーンランタンは、2020年に米公開予定の単独映画『Green Lantern Corps(原題)』に登場することになっている。

マローンは、スナイダー監督が手掛けた2011年公開のファンタジーアクション映画『エンジェル ウォーズ』の主役のひとりを演じた。また、映画『ハンガー・ゲーム』シリーズの2作目から4作目で、第7地区の参加者ジョアンナ・メイソン役を演じ、さらに、ニコラス・ウィンディング・レフン監督が手掛ける米アマゾン・スタジオによる映画『The Neon Demon(原題)』に出演予定だ。

米ワーナー・ブラザースは、ヘンリー・カヴィル演じるスーパーマンとベン・アフレック演じるバットマンの映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』を3月25日に日米同時公開する。同作は、ワンダーウーマンに扮するガル・ガドットのほか、『マン・オブ・スティール』に出演したエイミー・アダムス、ローレンス・フィッシュバーン、ダイアン・レインが再出演する。

また、ジェシー・アイゼンバーグがレックス・ルーサー、ジェレミー・アイアンズがアルフレッドを演じるほか、ホリー・ハンターは米国議会の上院役を演じる。ジェイソン・モモアはアクアマン役として出演する。

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』の上映時間は、比較的長い2時間31分となる。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP