ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本発売して欲しい! 注目のSIMフリースマホベスト5

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界最大のモバイル関連イベント「Mobile World Congress」で注目を集め日本での発売も期待したい、最新SIMフリースマホを5モデル紹介します。
モジュールを付け替えて機能を拡張できる「LG G5」

本体側面のボタンを押すとバッテリー部分を引き抜くことができ、ここにモジュールを合体します。

LGのフラッグシップモデル「LG G5」は本体下部を取り外すことで、拡張モジュールを交換できる斬新なモデル。

カメラモジュール「LG CAM Plus」には、ズームダイヤル・シャッターボタンが搭載されており、撮影時の操作がより快適になります。Hi-Fi DACモジュール「LG Hi-Fi Plus with B&O PLAY」を取り付ければ、高音質な音楽を楽しめるようになります。

 

防水や外部メモリに対応して完成度を高めた「Galaxy S7/S7 edge」

左がGalaxy S7、右がGalaxy S7 edge。背面も左右の角がカーブし非常に持ちやすい

サムスンは、Galaxy S6/S6 edgeの後継機種を発表。S7は5.1インチ、S7 edgeは5.5インチの有機ELディスプレイを搭載しています。前機種では採用が見送られた防水機能が復活し、ともにIP68のキャップレス防水・防塵機能となっており、また、microSDカードも復活しました。

機能が復活しただけでなく、大きく進化した機能もあります。カメラにはキヤノンのデジタル一眼レフで採用している技術同様、全センサーが位相差センサーとなっており、暗所での高速フォーカスを実現しました。CPUやGPUの熱を逃がす水冷システムや、時計の常時表示、ゲームを快適にプレイするための通知機能制限など、さまざまな工夫が盛り込まれ、これまで以上に完成度の高くなっております。

 

Xperiaの新たなフラッグシップ「Xperia X Performance」

Xperia Xシリーズの「Xperia X Performance」。Xシリーズのハイスペックなモデル

ソニーモバイルはXperiaブランドを刷新し、「Xperia X」シリーズ3機種を発表しました。そのうち、もっともハイスペックな「Xperia X Performance」が日本で発売される予定。

CPUにSnapdragon 820を搭載し、理論値で受信時最大450Mbpsを実現するLTEのカテゴリー9に対応。ディスプレイは5インチフルHD、メインカメラは2300万画素、フロントカメラも1300万画素あります。

被写体の動きを予想してフォーカスを合わせたり、バッテリーの状態に最適な充電を行ってバッテリー寿命を伸ばしたりする賢い技術が盛り込まれています。フレームや背面にアルミを採用しながら、アンテナ分割線のない美しいデザインも魅力です。

 

パッケージがVRゴーグルになるalcatelの「IDOL 4/4S」
 

こちらは5.2インチディスプレイの「IDOL 4」。よりハイスペックなIDOL 4Sは5.5インチディスプレイを採用

日本でも人気のALCATEL ONETOUCH「IDOL 3」の後継機も登場。ブランド名が「alcatel」に刷新しました。特徴は本体側面に搭載された「BOOM KEY」。これは例えば写真アプリを使っているときに押すと、コラージュやスライドショーが作れたり、再生動画の速度を変更できたりするなど、利用している機能に合わせた追加効果が利用できます。

前モデルで好評だった、上下逆さまに持っても違和感なく使えるリバーシブル仕様を引き続き採用。さらに面白いことに、パッケージをVRゴーグル(画像奥)として使えます。

 

FREETELはSAMURAIシリーズの新モデル「REI(麗)」を発表

SAMURAIシリーズの新モデル「REI(麗)」

FREETELは、昨年よりメインホールに近く広いブースでSAMURAIシリーズの新モデル「REI(麗)」を展示。REIはフラッグシップモデル「KIWAMI(極)」とエントリーモデル「MIYABI(雅)」の中間に位置する機種で、5.2インチのフルHDディスプレイを搭載し、Android 6.0を採用しました。また、FREETEL初のフルメタル製ボディが目を引きます。

ホームボタンは指紋センサーとしても使用でき、カメラは13メガピクセルで、位相差オートフォーカスを採用しています。このほか、デュアルディスプレイの「MUSASHI」も来場者の注目を集めていました。

 (文:房野麻子)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP