ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東京・青山にコーヒースタンド「THE LOCAL」がオープン。え?ドリップの待ち時間なし!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2016年3月10日(つまり今日)、東京・青山に新たなコーヒースタンド「THE LOCAL」がオープンしました。この店、ある画期的なオーダーシステムを採用しているんです。

店外からスマホで注文。
ドリップ後にピックアップ

お店で注文してからドリップされるまで、このしばしの待ち時間をゼロにしたのがTHE LOCAL。一分一秒を争うビジネスマン向き?というわけではないでしょうが、とにかく慌ただしい時間に「待つ」ことを避けたい人にはおあつらえのサービスです。

お店の外からスマホで注文すれば、抽出するタイミングに合わせてメッセージが届き、カウンターでは受け取るだけでOKという仕組み。その背景にあるのが、モバイルウォレットサービス「O:der(オーダー)」を利用したモバイルオーダー&ペイメントシステム(O:der by Self)です。もちろん、お店で現金を出す必要もありません。

スマホにアプリさえ入れておけば、メニューを見ながら店の外からでも事前に注文が可能。

一方、お店では注文が入るとスマートウォッチにメッセージが届きます。オーダーを確認してドリップ開始。抽出が終了すると、今度はその情報がお客のスマホへ。レジ待ちやドリップの待ち時間はすべてなし。あとはカウンターでスマホ画面を見せてコーヒーを受け取るだけ。

もちろん、店内でゆっくり注文したコーヒーがドリップするのを待っていてもOK。その場合は、こちらのデジタルサイネージを要チェック!まるで空港のフライトスケジュールのように、注文状況がリアルタイムに可視化されていているから、自分のコーヒーがいま、どの状態にあるかが一目で分かります。

国内外の人気ロースターが
毎月、厳選豆をセレクト


斬新な注文システムゆえ、そればかりを先に紹介してきました。が、もちろんコーヒーだって本格派。
たとえば、サンフランシスコを代表する「Ritual Coffee Roasters」のコーヒー豆は、日本初上陸。西海岸サードウェーブ系の中心的ロースターと言われるEileen Hassi氏の意向で、これまでクオリティをコントロールできる範囲にしか商圏を広げてこなかった同店は、現在でもサンフランシスコ周辺で4店舗しか直営店が存在しないそうですよ。

このほか、国内外の人気ロースターから毎月セレクトされるフレッシュなコーヒー豆にも注目!

当然ながら、なにも慌ただしいビジネスパーソンだけのためのお店ではありません。もちろん、直接カウンター越しに注文することもできるし、現金対応だっていわずもがな。店内カウンター奥と2Fの席に座りながら、ゆっくりコーヒータイムを楽しむことも。

時間節約派はもちろん、のんびりくつろいで一杯をいただきたい人のニーズにも応えるTHE LOCAL。意外にこのスタイルが、コーヒースタンドの新たなスタンダードになるのかも?

Licensed material used with permission by THE LOCAL

関連記事リンク(外部サイト)

「コーヒーの染み」が付いているのに、なぜか喜ばれるポストカードって?
「もしも、一つだけ願いが叶うとしたら?」がん患者と健康な人に、同じ質問をした結果・・・
目覚めの一杯から、就寝前まで。時間帯別「美味しいコーヒー」の作り方

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。