ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

身長が約5cm伸びた!?宇宙飛行士・スコット・ケリー氏のカラダに起きた不思議

DATE:
  • ガジェット通信を≫

340日間に及ぶ宇宙への長期滞在を終え帰還した、宇宙飛行士のスコット・ケリー氏。アメリカ人宇宙飛行士として最長滞在記録を更新し話題になりましたが、そのカラダに起きた変化にも注目が集まりました。

身長が約5cm伸びた!

Astronaut Scott Kelly was 2 inches taller after his epic #YearInSpace | https://t.co/Kz4XVyZlox

— Fox News (@FoxNews) March 4, 2016

ウソでしょ?とギョッとしてしまうほどの伸び率ですが、「CNN」にはNASAのジェフ・ウイリアムス氏のこんなコメントが。

「宇宙飛行士は、宇宙に行くと身長が伸びるんです。地球に帰ってしばらくすると戻っちゃいますけどね」。

どうやら背骨が成長しているわけではないようですが、「Fast Company」によれば、無重力環境で長期間過ごすと、背骨がストレッチして、最大7.5センチほどまで身長が伸びるのだとか。凄い!

しかも、それだけじゃありません。さらには…

双子の兄弟より若くなった?

Scott and Mark Kelly are the only twins to have traveled in #space. @NASA pic.twitter.com/fww6MDKW7b

— Did You Know? (@DidYouKnowFacts) March 9, 2016

同氏といえば、双子の兄弟であるマーク・ケリー氏も宇宙飛行士とあって「リアル宇宙兄弟」なんて言われています。一体、何を基準にして若くなったと言ってるのかというと、これは一般相対性理論をもとにした数学的なお話の模様。

SF作品などでよく耳にする話ですが、宇宙から帰ってくると周りは歳をとっているのに、自分は若いまま。なんて『浦島太郎』のような体験が、ケリー氏の身にも起こったと「Quarts」が書いています。ただし、その差は8.6ミリ秒ほど。ほんのちょっとなんですけどね。

そのほか「Phys.org」では、宇宙飛行士の皮膚が薄くなっていた、なんて記事も2015年に掲載され話題に。当然ながら、地球ではあり得ないようなことが沢山起きているようです。「CNBC」は、NASAがふたりのカラダを調査する予定と伝えていますが、それにしても不思議ですよね。

Top Photo by Top photo by Bill Ingalls/NASA/Getty Images News/Getty Images
Reference:CNN,Fast Company,Quarts,Phys.org,Fox News,Did You Know?,CNBC

関連記事リンク(外部サイト)

生命が存在可能な「地球型惑星」が新たに発見!距離も近い
【バイト代38万円】JAXAが「狭いところが得意な人」を募集
地球が描いた「A〜Z」をNASAが衛星写真で公開。遊び心が楽しい・・・

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP