体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『バットマン vs スーパーマン』坂上忍/矢口真里/佐藤隆太/篠田麻里子/トレンディエンジェルら応援コメント到着

エンタメ
『バットマン vs スーパーマン』坂上忍/矢口真里/佐藤隆太/篠田麻里子/トレンディエンジェルら応援コメント到着

 誕生以来70年以上、世代を超えて愛され続けてきた2大ヒーローがついに世紀の対決を迎える、究極のエンターテイメント超大作『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』が3月25日より公開される。

 全く予想がつかない2人の戦いの行方には、大ヒット公開中の『オデッセイ』で主演を務めるマット・デイモンが「バットマンに決まってるでしょ!」と発言するなど、世界中が注目している。そして日本でも、様々な分野の方々から続々と応援のコメントが到着していることが判明した。

 本作で映画史上初となる対決を果たすバットマンとスーパーマン。彼らの正体とは何者なのか? 新聞記者クラーク・ケントは、世界の事件や出来事の情報が集まる最前線 デイリー・プラネット社で働きつつ、有事の際には“地球最強の男”スーパーマンとして人々を救い続けてきた、まさに“正義の象徴”だ。しかし、愛する人々を思って振るってきた圧倒的な力の為に人類の脅威として認識され、その存在は悪に染まってしまう。

 一方、資産家でプレイボーイのブルース・ウェインは、幼い頃に両親を目の前で殺害されたトラウマから犯罪者を強く憎み、夜が深まる頃、“恐怖で犯罪者を制圧する闇のヒーロー”バットマンとして、手段を厭わず犯罪者達と孤独に戦ってきた。本作ではついに、憎しみではなく人々の希望のため、人類の脅威となったスーパーマンを倒すべく立ち上がる。

 日本でも、世紀の対決への期待が芸能界を席巻している。坂上忍は「バットマンとスーパーマンのタイマン勝負ですか。どちらにも負けて欲しくないな~。なんで、表向きはスーパーマンが勝つんだけど、実はバットマンが負けてあげていた。その気持ちをスーパーマンもわかっていた…みたいな。 あ~、もうわからん!」と、予想がつかない2人の対決の行方に、願うような気持ちを告白。バトルのみならず、2大ヒーローの心理に踏み込む大胆なコメントを寄せた。

 矢口真里は「バットマンを応援します! スーパーマンの方が強いと思うのですが生身の人間のバットマンがどんな戦いをみせてくれるのか凄く楽しみです! でもふたりが手を組めば最強のタッグなのになあ。。。やっぱり2人とも好き笑」と語り、対決の行方に期待しつつ、2大ヒーローの競演に心を踊らせている様子。

 もちろん、それぞれのヒーローを熱く応援するコメントも見逃せない。菊地亜美は「バットマンに勝って欲しいです! ミステリアスで男らしい雰囲気が私のタイプ! バットマンモチーフのお洋服も持っているので、それを着て映画館に応援しにいきたいです!」と、男性としてのバットマンの魅力に言及し、さらには自前の洋服を着て応援するという熱い思いを寄せた。

 一方でお笑い芸人の永野は「バットマンより~♪ 普通に~♪ スーパーマンが好き~~♪」と、自身の持ちネタに絡めてスーパーマン好きを告白。結末が全く想像できない対決を、各界の著名人も楽しんでいる様子だ。

 そして、SNS上でも「バットマンに勝って欲しい」「スーパーマンこそ真のヒーロー」等、2大ヒーローを応援する数々のコメントが上がっている。その盛り上がりを受け、ハッシュタグ「#世紀の対決」をつけてあなたが応援したいヒーローをつぶやくだけで、映画のオリジナルグッズが当たる特別企画がスタートすることが決定。公式キャンペーンページではこれらの著名人コメントと同時に、ハッシュタグをつけてツイートに参加した一般人からのコメントが全て反映され、日本中、そして世界中の盛り上がりをリアルタイムで目撃することが可能だ。

1 2 3次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会