ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ロンドン発「オーガニックファーマシー」旗艦店が表参道ヒルズにオープン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2002年ロンドンで創設されたハイエンドなオーガニックコスメの「オーガニックファーマシー(Organic Pharmacy)」。日本初となる旗艦店が2016年3月18日(金)、東京・表参道ヒルズにオープンします。

自然療法専門スタッフが
一人ひとりの悩みに応える
“お肌の薬局”

ロンドンをはじめ、ビバリーヒルズ、ニューヨーク、ドバイなど世界30カ国に展開するオーガニックファーマシーは、自然療法で培ったカウンセリングデータをベースにした、ハイエンドなオーガニック・コスメブランドです。製品のほとんどはオーガニック成分90%〜99.9%の贅沢配合。

ここは、クリニックと薬局、ショップがひとつになった場所。カウンセリングテーブルには、自然療法の専門スタッフが常駐。体調や体質、生活リズムをヒアリングして、自分の肌に合ったスキンケアを提案してくれます。

ハーバリストであり薬剤師のマーゴ・マローン(写真右)は、自然療法のスペシャリスト。彼女はこれまで数千人を超えるカウンセリングを行い、人々の悩みやリクエストに応じたオーガニックコスメや、デイリーユースのスキンケア用品を調合してきました。


マーゴ曰く、想像を超えた植物の力とオーガニック成分のシナジー効果を生み出す概念に基づいた、独自の美容学をプロダクトに込め、「メディカル×ビュティー」を実現した製品を作り上げてきました。まさにお肌の“かかりつけ薬局”として、世界中の女性たちから愛されてきたのが、オーガニックファーマシーです。

こちらは、ブランド人気No.1のクレンジングセット。製品には、人工着色料・人工香料・人工保存料・石油化学料フリー。体にダメージを及ぼすものは一切排出する徹底ぶり。フレッシュなオーガニックハーブから摘出されたオイルやエキスは、コールドプレス製法を用いているそうです。

メイクやネイル、ベビーライン
新たなシリーズが初披露

定番のスキンケアラインの他に、ヘアケア、ボディケア、さらにはバスアイテム、メンズラインまで、プロダクトは多数。このほか、表参道ヒルズ店オープンに合わせて初上陸するメイクアップライン「オーガニックグラム(Organic Glam)」の体験やセミナーやお肌の悩みに合わせた“お手入れ会”を定期的に開催予定。さらには、ベビー、サンケア、フレグランスも表参道ヒルズ店にて初お目見え。

ロンドンのファーマシーを忠実に再現した空間で、ハーブの香りやテクスチャーを五感でじっくり体感すれば、本当に自分のお肌に合ったスキンケアがきっと見つかるはず。ちょっとした悩みごとにも、専門知識をもったスタッフが応えてくれるメディカルとオーガニックの融合ショップ。これは、オープンが楽しみ!

Licensed material used with permission by The Organic Pharmacy

関連記事リンク(外部サイト)

Facebook100万シェア。男性が「絶対に手放したくない」女性の共通点11
11種類のフルーツが入った「飲むサラダ」で、痩せやすい体になれる!
加齢を加速させるタンパク質の増加を、約80%も抑える「菊」が発見される

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP