ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

技術の肝は鍵穴!?最高レベルのロック基準で設計されたスマートアクセスシステム「latch」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

空き巣や家宅侵入が横行する昨今。強力なセキュリティシステムは、もはや現代人のマストアイテムとなりつつある。

中でも注目が集まっているのはやはり、スマートシステム。実際、IoTの飛躍的な発展を武器に、セキュリティジャンルのサービスは格段に進化している。絶対とは言い切れないが、鉄壁に近いガードを実現しているのは、紛れもない事実だ。

・把手の中にプログラムを構築

今回ご紹介する「latch」も、そんなプロダクトの1つだろう。“鍵穴”という古来の警備の仕組みと、最新のデジタルテクノロジーを違和感なく融合。温故知新かつ、強固なセキュリティシステムを誕生させた。

「latch」の開発者は、スウェーデン生まれのデザイナー、Thomas・ Meyerhoffer氏。彼が提案するのは、ドアの把手を利用した新感覚のスマートアクセスシステムだ。Bluetooth接続によるプログラムは、従来の鍵穴の上に設定。識別用のミュートカメラは、丸みを帯びたタッチスクリーンの後ろに配置されている。

ドアは、入室を許可された人間にのみ開かれる。住民は事前に専用アプリ上で、アクセス許可のためのプログラム登録を行う。登録後に発行されるキーコードを、スマホから送信して入室する仕組み。もちろん、普通に鍵で開けることも可能だ。

・最高レベルのロック基準で設計

「latch」はまた、最も高いビルグレードのロック基準に準拠するよう設計。個人宅のみならず、ビルやアパートでの活用も、大いに期待される。

特長はいろいろだが、一番の魅力はそのデザイン。あらゆる扉もスタイリッシュに演出する、シャープなフォルムには、否が応でも惹きつけられる。

カラーは3種類。ゴールド・シルバー・ブラックを用意。販売時期に関するアナウンスは行われていないが、年内には正式にリリースされる予定となっている。

latch

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP