体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本以上に治安が良い!?シンガポールの治安情報

Photo credit: Tamako Morita「シンガポール旅行その1!お寺と観光名所を巡る旅」

Photo credit: Tamako Morita「シンガポール旅行その1!お寺と観光名所を巡る旅」

こんにちは。Compathy MagazineライターのOkkAです。
皆さんはシンガポールの治安にどのようなイメージを持っていますか? マリーナベイサンズを代表とする高級ホテルや高層ビル群など経済発展が著しく、旅行者にも人気の高いシンガポールに治安が悪いというイメージを持つ人は少ないと思います。
そのイメージ通り犯罪発生率も低く、海外でも治安の良い国の一つです。しかしここは日本と違う異国の地。少し油断をすればトラブルに巻き込まれることもあります。
今回はトラブルに巻き込まれないための安全対策を紹介したいと思います。

シンガポールの治安について

シンガポールは国家政策で治安維持に多くのコストを掛けているため、世界の中でもトップクラスの治安の良さを誇っています。住民の治安に対する意識も高く、住民からの通報システムがとても発達しています。また犯罪行為をした場合の罰則も厳しいため犯罪件数自体低くなっています。
在シンガポール日本国大使館の情報によると、2011年の人口10万人当たりの犯罪発生件数は606件で、同年の日本の犯罪発生件数1674件に比べると約3分の1の数値です。このデータからも犯罪率がとても低いことがわかりますね。
またシンガポールは一党独裁国家のため警察の統率力が高く、テロリストや暴力団のような非合法組織はほとんど存在しないため大きな事件は滅多に起こりません。
このようにシンガポールを観光するにあたって治安の問題はほとんどないと言って良いと思います。しかし日本人観光客狙いのスリ、強盗、置き引きなどの軽犯罪には自分自身で身を守る必要があります。

犯罪に巻き込まれないための注意点

Singapore Police cars by vetaturfumare - thanks for 1 MILLION views!!!, on Flickr
“Singapore Police cars” (CC BY-SA 2.0) by  vetaturfumare – thanks for 1 MILLION views!!! 

外国人観光客を狙ったスリ、強盗、置き引きなどの軽犯罪はシンガポールでもよくあります。旅行中は道端で地図を見るのに集中してしまったり、観光スポットに見入ってしまい注意力が散漫になりがちですね。
人混みが多い地域ではスリの被害に遭いやすいので周りに気を配ることを忘れずに! 後ろポケットに財布を入れない、高価なものは身につけないなどの防犯対策をしましょう。
日本と違い落し物は戻ってこないことがほとんどなので、お店で食事をする際も忘れ物をしないように貴重品や手荷物の管理はしっかりとしておかなければなりません。
道を歩く際は後ろから来るバイクにも注意が必要です。追い越しざまに持っていたバッグを盗られてしまうケースがあります。特に女性は引っ張られると力負けしてしまうので、バッグはたすき掛けにして持ち、なるべく歩道側を歩かないようにするなどの防犯対策が必要です。

緊急連絡先

I’m coming home. by moogs, on Flickr
“I’m coming home.” (CC) by  moogs 

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会