ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

風水師がアドバイス「グリーンジャンボは家族で買え」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1年に5回あるジャンボ宝くじのうち、年が明けて最初にやってくるグリーンジャンボは、宝くじファンの間で「宝くじの開幕戦」と呼ばれている。1等・前後賞合わせて6億円が当たるグリーンジャンボは3月18日まで発売中だが、高額当せんを引き寄せる「2016年丸秘開運法」を、風水師・伊藤夢海さんが教えてくれた。

「古代中国の『九星』で占うと、今年は『二黒土星』の星回りに当たります。土という漢字からもわかる通り、“肥沃な土壌”“どっしりとした大地”“母性”といった意味を表し、家庭運が上昇傾向にあります。夫婦や家族で過ごす時間が、運気を集めてくれるんです」(以下、「」内は伊藤さん)

 さらに今年は申年。サルたちは群れを作りボスを中心にファミリーで生活するが、“二黒土星”と“申年”が重なってダブルで家庭運がアップしているという。それでは、具体的にどんな買い方をすればいいの?

「夫婦なり親子なり、家族揃って売り場に行くことをおすすめします。せっかくの家庭運も、ひとりで行っては水の泡。週末に家族で出かけたときや、家族旅行の先で購入するのもいいですね。夫婦げんかや家族でのいざこざは御法度で、家庭円満が運気アップには欠かせません。また、人通りが多いショッピングモールやスーパーなどの売り場のほか、サルが生息する山にちなんで、坂や丘を登った先にある売り場も狙い目です」

 二黒土星の年は優柔不断な行動は禁物。運気を引き寄せるのは、ずばり“決断力”だという。

「売り場の目の前まで来て、購入枚数や連番・バラなどの組み合わせをあれこれ迷っていると、金運は逃げていってしまいます。“買い方はコレ!”と事前に決めていくのがいいでしょう。私が推すのは連番での購入です。サルの社会に序列があるように、連番で購入すれば高額当せんがぐっと近づきます。

 そしてその判断を下すのは、一家の大黒柱である旦那さんや、家計の中心人物。サルがボスの命令に従うように、従順な姿勢が福をもたらします。あ、カカア天下の家庭では、奥さんが決めるのももちろんアリですよ(笑い)」

 抽せん日は3月25日。家族総出で6億円当せんを目指そう!

※女性セブン2016年3月24日号

【関連記事】
宝くじ高額当選者 購入理由の1位は夢、お金が欲しいは最下位
年末ジャンボ宝くじ 金運上げる12月7日14:38までの買い方
夏休み 旅行者はご当地ラッキー宝くじ売り場で買ってみては

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP