ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カリギュラ効果ほか誰もが経験した「あの現象」の名前

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 誰もが経験したことがあるだろうが、正式名称が何なのかは知らない「あの現象」の名前に迫る。

●カリギュラ効果
──「絶対にやらないでください」と禁止されるとやりたくなる

 行動心理学の専門用語。由来はローマ帝国の皇帝カリグラをモデルにした1980年の映画『カリギュラ』。過激な内容だったため一部で公開禁止になったが、それがかえって関心を呼んだ。

●ジャーキング
──眠っている時にビクッとする

 眠っている時、高い所から落ちたような感覚で身体がビクッと痙攣する。眠りの浅いレム睡眠期に起きることが多い。犬や猫といった動物にも起きる。

●コンコルド効果
── 一度投資すると引くに引けなくなる

 行動経済学の用語で「ここで中止すると、すでに投資した費用が無駄になる」という心理から投資をやめられなくなること。英仏両国が巨額を投資した超音速旅客機「コンコルド」が大赤字に陥るとわかっていたにもかかわらず、すぐに開発中止しなかったことに由来。

●ジャネの法則
──時が過ぎる感覚は年齢を重ねるとなぜか早く感じるようになる

 19世紀の心理学者、ピエール・ジャネが「時間の心理的な長さは年齢に反比例する」という説として提唱した。「5歳の人の1年は人生の5分の1だが、50歳の人の1年はわずか50分の1で、10倍もの差がある」。つまり年を取ると生きてきた年数によって1年の長さの比率が小さくなり、どんどん時間が早く感じるということ。

●セルフハンディキャッピング
──試験前になるとなぜか掃除や読書に没頭したくなる

 自分が失敗した場合に、「(部屋の片付けをしていて)勉強できなかったから仕方ない」とするための行動を指す社会心理学用語。「全然勉強できていない」と周囲に言い訳するのも同様。

●青木まりこ現象
──書店にいると便意を催す

「1985年、『本の雑誌』40号に青木まりこさんという読者から〈書店に行くと便意がする〉という投稿が来た。それを当時編集長だった椎名誠氏が面白がり、翌号で〈いま書店界を震撼させる『青木まりこ現象』の謎と真実を追う!! 〉という特集を組んだのが由来です」(『本の雑誌』発行人の浜本茂氏)

●モナリザ症候群
──年を取るとそんなに食べていないのに太ってしまう

 日中の交感神経活動が落ちていることが原因とされ、Most Obesities kNown Are Low In Sympathetic Activity(たいていの肥満は交感神経のはたらきの低下による)の頭文字をとったもの。レオナルド・ダ・ヴィンチのモナ・リザとは関係ない。

●ディラン効果
──頭の中で同じ音楽の一節が鳴りつづける

 ある漫画作品で頭の中でボブ・ディランの曲が鳴り止まない「ディラン効果」として取り上げられたことから定着。「憂鬱な気分を防ぎ、気分転換のために起こる」などの説があるが、詳しいことはわかっていない。

イラスト■和田海苔子

※週刊ポスト2016年3月18日号

【関連記事】
「認知症や要介護の恐れあるため資産運用は75歳まで」の意見
お得な優待株投資術 1人1単元株が基本。家族での保有を推奨
優待株投資のツボ 桐谷広人さんお勧めする達人のブログ5つ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP