ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

トロントでお土産買うならこれ!在住者イチオシのトロント土産7選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カナダ土産といえば、メープルシロップにサーモン・・・お土産には何を買ったらいいか迷いますよね。トロントにはおいしくて可愛いお土産がたくさんあります。トロントで買うべきお土産、地元民が厳選したおすすめ7選を紹介いたします!

1:SOMAのホットチョコレート

ディスティラリー地区にある地元民に厚く支持されているチョコレートショップ。なめらかな食感、濃厚なのに甘すぎない大人好みのチョコレートです。

いわゆるBean to Bar(すべての工程を工房で一貫して行う製造法)のチョコレートショップ。お店に入るとすぐに、芳醇なカカオの香りに心を奪われるはず。店内にはタブレットチョコレートやトリュフなどのチョコレートがずらりと並んでいます。その中でもチョコレートドリンクはチリ(まさにHOTチョコレート)やジャンドゥーヤ、ダークチョコレートなどがあり、カカオの風味を十分楽しめる逸品です。パッケージも可愛くてお土産にもぴったりです。

■SOMA chocolatemaker
住所:32 Tank House Lane, toronto
営業時間:月~土 10:00~20:00、日 11:00~18:00
定休日:要確認
チョコレートドリンク:1袋$5.5

2:やっぱり外せない!メープルシロップ

カナダ土産といえばまっ先に思い浮かぶのがメープルシロップだと思いますが、カナダのどこでも採れるわけではなく、ほとんどがオンタリオ州とケベック州で生産されています。トロントはオンタリオ州にあるので、メープルシロップは間違いなくご当地のお土産です。

しかし実は、ひとえにメープルシロップといっても、採取時期によってメープルシロップの色や味が異なるのをご存知でしたか? 採取の時期が早いほど色は薄く繊細な味わいで、採取の時期が遅いほど色は濃くなり風味が強くなります。等級はエキストラライト、ライト、ミディアム、アンバー、ダークに分かれていて、しっかりラベルにも記載されています。お土産には使いやすい「ミディアム」がおすすめ。最も一般的で多くのお店で見かけるメープルシロップです。エキストラライトは、ほとんど見かけることがない代物。幻とも呼べるメープルシロップ・エキストラライトを探す旅なんていうのも面白そうですね。

■関連記事
1月25日はホットケーキの日!本場のメープルシロップを味わい尽くす方法

3:メープルフレーバーいろいろ

メープルシロップは案外重量があって、たくさん買うと預け入れ荷物の規定オーバーにもなり兼ねません。メープルシロップ以外にも、メープルクッキーはもちろん、メープルキャラメル、メープルポップコーンなどスーパーやギフトショップで手軽にいろんなメープル風味のお土産を購入できます。

中でもおすすめはメープルティー。ほんのり甘くて香ばしい風味で、お湯を注いで待っていると、湯気とともにふんわりとメープルの香りが漂います。軽くてかさばらないのもポイント。$5前後から購入できます。

4:コーヒーラバーにはご当地コーヒーをお土産に

チェーン系からオンリーワンまで街中にカフェがあふれているトロント。コーヒー好きの人にはオンタリオ州ならではのコーヒーをお土産にいかがでしょう? 

例えばオンタリオ州発の国民的コーヒー&ドーナツショップ「ティム・ホートンズ」のコーヒー豆は、大抵の大型スーパーで売っています。300g入り$7前後と価格も手頃。もうひとつスーパーで見つけたメープルフレーバーコーヒーは、マスコーカ産メープルシロップのナチュラルな甘い香りとダークローストコーヒーとの相性がピッタリ。こちらは454g入り$16。

5:環境に優しいマスコーカ・ソイキャンドル

トロント北部に位置するマスコーカ地方で作られているソイビーンキャンドルは、化学成分が一切入っていない大豆100%が原料。地球に優しい優秀キャンドルです。40種類ある香りの中でもマスコーカ特産のクランベリーとスパイスをミックスしたキャンドルはリッチなアロマが部屋を優しく包み込みます。ケンジントンマーケット地区のギフトショップ「ブルーバナナ」で購入できます。

■Blue Banana market
住所:250 Augusta Ave, Toronto
営業時間:日~木 11:00~18:30、金、土 11:00~19:00
ソイキャンドル:$7〜

6:会社の仲間に安くて気の利いたバラマキ土産

アメリカで絶大な気を誇る美味しいエネルギーバー「CLIF BAR」もスーパーで$1程度で購入できます。また、ビタミンCが豊富で美容効果が高いといわれるドライクランベリーも1箱$1程度。2個セットで会社仲間へのお土産に。仕事の合間に小腹が空いた時にぴったりです。

7:カナダの国民的アウトドアブランドMECをお土産に

「MEC」はカナダで絶大な人気を誇るアウトドアショップ。正式名称は「MOUNTAIN EQUIPMENT CO-OP 」といいます。キングストリートにある2階建ての店舗は広大でアウトドアグッズ好きなら1日いられるかも。

ハイキングやクライミング、ランニング、キャンプ、バイク、スキー、カヤック・・・とアウトドアに関するものなら何でも揃っています。何かと役立つヘッドライトやウォーターボトル、携帯用食料も。パタゴニアやPRANAといった日本ではちょっとお高めなブランドの掘り出し物も見つかるかも! しかし地元愛が強いカナダだけあり、やはり人気はMECブランド。コストパフォーマンスも高く、機能・センス共に良い品を揃えています。MECは生協のようなシステムで、$5を支払ってメンバーになれば誰でも購入可能です。

■MEC
住所:400 King St W, Toronto
営業時間:日~木 11:00~19:00、木、金 10:00~21:00、
土 09:00〜18:00、日 10:00〜18:00
MECロゴ入り10リットル防水バッグ$15

美味しさだけでなく、トロントらしいこだわりを加えたお土産を紹介しました。トロントへ旅行の際は、参考にしてお土産を買っていただけたら幸いです。トロントならではのお土産をぜひ堪能してくださいね。

[All photos by Hiromi Suzuki]
[取材協力/カナダ・オンタリオ州観光局]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP