ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

花粉症のあなたに食べて欲しい「菜の花の梅ごま和え」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スーパーでも春野菜が並び始めましたね。春野菜の菜の花は彩りがきれいで、実は栄養価も高いんです。今日は菜の花を使ったレシピを紹介します。

菜の花には嬉しい栄養素がたくさん!

菜の花は、ブロッコリーやキャベツと同じアブラナ科の緑黄色野菜で、2月~4月が旬。βカロテンやビタミンB群、ビタミンC、鉄分、カルシウム、カリウムなどの栄養素がバランスよく豊富に含まれています。βカロテンやビタミンCは免疫力を高めてくれるので風邪予防やアレルギーにも効果があり、抗酸化作用が高いのでがん予防や美肌効果もあります。抗ヒスタミン効果もあり花粉症対策にも。体内の塩分バランスを保つカリウムが豊富なので、むくみ防止・高血圧の予防にも良いとされています。

女性の美容に欠かせいない成分も!

ビタミンB群やビタミンCばかりでなく、葉酸やビオチン(ビタミンH)、鉄分の含有量もトップクラス! これらの栄養素は女性に多い貧血の予防や改善、美肌効果、美髪効果もあるのでとっても嬉しいですね。また菜の花にはグルコシノレートという成分があり、噛んで消化する際に分解酵素と混ざると抗がん作用のあるイソチオシアネートという物質に変化します。このグルコシノレートはつぼみの部分に多く含まれているので取り除かないで食べるようにしましょう。

サッパリと梅ごま和えで食べてみて

菜の花はつぼみが固く閉じているものを選ぶのが良いです。塩ひとつまみを入れて沸騰したお湯に茎から入れて茹でます。茹ですぎると水溶性ビタミンのビタミンCやビタミンB類が溶けだしてしまうので、茎をつまんでつぶせる程度の短時間で茹で上げます。すぐに冷水にさらしてからよく水分を絞って調理しましょう。麺つゆ小さじ2・白ごま大さじ1・砂糖小さじ1/2・種を取った梅干し1個~2個を良く混ぜて菜の花と和えれば、梅ごま和えのできあがり。

ほろ苦い旬の野菜を美味しくいただくのは、大人の贅沢という感じがしますね。美容と健康にも良いのでぜひ旬のうちに食べてみてくださいね。

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP