ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジョーダナ・ブリュースター、米FOXによるリブート版テレビシリーズ『リーサル・ウェポン』に出演へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ジョーダナ・ブリュースターが、米テレビ局FOXが手掛けるテレビシリーズ『リーサル・ウェポン』のパイロット版のキャストに参加することになった。

ブリュースターは、ロサンゼルス市警察の人質解放交渉の担当者で、心に傷を抱えた警察官を相手にする組織内のセラピストのモーリーン・ケイヒル役を演じる予定だ。米ワーナー・ブラザースによるメル・ギブソンとダニー・グローヴァーが主演したアクション映画『リーサル・ウェポン』シリーズのテレビシリーズ版となる同作で、ブリュースターは、ロジャー・マータフ役のデイモン・ウェイアンズ、トリッシュ・マータフ役のゴールデン・ブルックスに加わる。ギブソンが演じたマーティン・リッグス役の俳優はまだ決まっていない。

ブリュースターは、映画『ワイルド・スピード』シリーズ4作に出演したことで知られている。ブリュースターは、米テレビ局ABCの『20年目の疑惑/女子大生寮に秘められた6人の過去』のシーズン1に出演し、2012年から2014年にかけて米テレビ局TNTで放送されたリブート版テレビシリーズ『ダラス』にレギュラー出演した。現在ブリュースターは、米テレビ局FXの『The People V. O.J. Simpson: American Crime Story(原題)』で脇役のデニス・ブラウン役を演じている。

テレビシリーズ『リーサル・ウェポン』は、ロサンゼルス市警察のミスマッチなパートナーの2人を中心に展開する。1人はトラウマ的な喪失感から復帰しようとしており、もう1人は心臓発作に悩まされ、ストレスを避けなければならない。同テレビシリーズのパイロット版のエグゼクティヴ・プロデューサーはマット・ミラー、マックG、ダン・リン、ジェニファー・グウォーツが務め、ミラーがテレビシリーズの脚本を執筆した。マックGが監督を務める予定だ。

ブリュースターは、CAA(クリエイティヴ・アーティスツ・エージェンシー)、プリンシパル・エンターテイメント・ロサンゼルス、ジャコウェイ・タイヤーマンのマイケル・A・アワーバック弁護士と代理人契約を結んでいる。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP