ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これが魯山人の世界だ!マルチな才能が溢れ出た作品が集結「北大路魯山人の美 和食の天才 展」開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「和食」のユネスコ無形文化遺産への登録を記念して、三井記念美術館で「北大路魯山人の美 和食の天才展」が開催されます。

書や篆刻、絵画、漆芸、陶芸などマルチな才能を発揮した北大路魯山人(きたおおじ ろさんじん)。なかでもよく知られているのは陶芸作品。古陶芸を熟知し、美食家でもあった魯山人は「器は料理の着物」との言葉を残し、40年間、多くの和食器を造り続けました。あくまでも料理を盛るということが基本である、魯山人の器。料理と器と双方の魅力を引き立てます。

本展では日本の美意識、おもてなしの心、四季を愛でる自然観を豊かに読み解いた魯山人の作品たちが、陶磁器とともに書や絵画、漆器などと併せて紹介されます。

魯山人が生み出した奥深く、味わい深い世界を堪能してみてはいかがでしょうか。

北大路魯山人の美 和食の天才展
会期:2016年4月12日(火) 〜 6月26日(日)
開館時間:10:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日(5月2日は開館)
会場:三井記念美術館
入館料「特別展」:一般 1,300(1,100)円 大学・高校生 800(700)円 中学生以下 無料 ()内は前売り・割引料金

三井記念美術館

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

読者プレゼント!大正ロマンの竹久夢二 作品展、大正時代の「かわいい」展ご招待券プレゼント
これは名品ぞろい!写楽から北斎・広重まで有名絵師が大集結「浮世絵名品展」
竹久夢二の"カワイイ"を満喫!大正ロマンあふれる「大正時代のかわいい」展が開催

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP