体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

私よりもずっと仕事ができる後輩がいる…20代後半女子の職場のお悩みを解決する資格

f:id:keimanahensyu:20160301153918j:plain

私このままでいいの?20代後半の悩みは資格取得が解決のカギ

職場で中堅どころの方も多いのでは?後輩が増えたり、責任も重くなったり、この先も今の仕事を続けようか、もっと他に何かできることがあるのではないかなどなにかと悩みがち。

「転身を考えてはみるものの、自分は何がしたいのかわからなかったり、せっかく仕事が安定しているのに新しい世界へチャレンジする勇気が出なかったり…。プライベートでも結婚や出産を考える時期で、まだ見えていない未来に不安を感じている人が多いですね(キャリアカウンセラー/藤井さん)」。

そんな悩みに対して、どんな解決策があるの?資格取得やキャリアアップのプロにオススメ資格を聞いてみました。

-----------------------------------

【お悩み1】

私よりもずっと仕事ができる後輩。このままじゃ先輩の立場がなくて。

【資格ハカセ鈴木さんからのアドバイス!】

いざという場面で役立つ特殊スキルや資格で一目置かれる存在に!

「スキルが高い人に対し、その分野でまともに勝負しようと思っても、短期間でその人を超えるスキルを身につけるのは難しいと思います。手っ取り早く『職場で重宝される人材』を目指すなら、派手さ・定番さはないけれど、いざというときに使えるニッチな資格がオススメ。『社内でしばしば必要となるのに、意外と誰もできる人がいない』という特殊スキルで、周りとの違いをアピール。多くの企業でコンプライアンス(法令遵守)への取り組みが進められている昨今では、著作権や個人情報に適切に対応できる人材が欠かせません。アクセス解析やSNSなどウェブ関連のノウハウも狙い目。美文字ブームもあり、挨拶状などの手書き文字を美しく書けると重宝されます」。

〖オフィスで役立つニッチなおすすめ資格〗

知的財産管理技能検定

発明の特許、ブランド商標、著作権など、知的財産に関する法律知識や、企業における問題発見と解決の実務能力を認定する国家資格が『知的財産管理技能検定』。著作権の管理や契約などは、どんな業種でも関わってくる可能性アリ。

WEB解析士

ウェブサイトに、いつ、どんな人が訪問したか、というアクセス解析やウェブ解析データを活用するスキルを証明する資格が『ウェブ解析士』。アクセス解析データをマーケティングに役立てる会社が増えていて、一般企業でもニーズ大。

賞状技法士

メールやパソコンで印刷された文書が主流の時代で、今こそ見直されるべきだと需要が高まっているのが毛筆。『賞状技法士』の資格は、表彰状・目録・席札・のし・封筒の宛名など、さまざまな場面で、毛筆技能をアピールできる。

-----------------------------------

【お悩み2】

外国人のお客様が増えてきたけど、うまく応対できず、困っています…。

-----------------------------------

【資格ハカセ鈴木さんからのアドバイス!】

語学や応対スキルが身につく資格で自分に自信をつけよう!

「さまざまな国々と取引をする企業が増え続けている今、一般事務職や販売職でも、英語圏以外の国からのお客様の応対をする機会がでてきています。世界で英語の次に使用人口が多い中国語はもちろん、第3位のスペイン語も今後ニーズが出てくるのでは。タイ語やインドネシア語なども、注目度が高まってきている国の言語なのに話せる人が少ないため、重宝される可能性大。英語でも、日常会話だけでなく、観光英語などの専門用語を習得すれば、日本のことを紹介したり、観光名所などを案内するおもてなしも。語学以外にも、日本人ならではのマナーやホスピタリティに磨きをかけたり、基本的な

コミュニケーション能力を身につければ、堂々と応対できますよ」。

1 2次のページ
ケイマナニュース!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。