ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

国の天然記念物にも指定される「日本三大桜、五大桜」が美しすぎる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

梅が全国のあちこちで咲いていますね。次は桜の出番。今か今かと心待ちにしている人も少なくないと思いますが、今年の春は開花時期に合わせて、日本三大桜、五大桜を見に出掛けてみてはいかがですか?

そこで今回は国の天然記念物にも指定される有名な桜「日本三大桜、五大桜」を紹介します。

福島県の三春滝桜(みはるたきざくら)・・・例年の見頃4月14日〜17日頃

まずは福島県の三春町にある三春滝桜。推定の樹齢はなんと1000年以上。高さ13m近く、根回りが11m程度の堂々たるベニシダレザクラで、国の天然記念物に指定されています。

四方に伸びた枝から下がる桜の花が滝のように見えることから、三春滝桜と呼ばれているとか。

福島県の三春町とは、郡山のすぐ東。東京方面からは東北新幹線で郡山まで行き、磐越東線に乗り換えて三春駅で下車してください。開花の時期は桜を見るためのシャトルバスが駅前から出ます。

ちなみに放射性物質が気になるという人は、三春町のホームページをチェックしてみてください。町内各地の放射線量測定値が発表されています。

[三春町内の環境放射能測定値を更新しました|三春町]
[過去の三春滝桜の開花状況一覧|三春町]

山梨県の山高神代桜(やまたかじんだいざくら)・・・例年の見頃4月7日頃

次は山梨県の北杜市にある実相寺境内の山高神代桜。日本三大桜の1つに数えられるエドヒガンザクラで、なんとその樹齢は2000年とも言われているとか。その神々しさに思わず手を合わせてしまう人も居るそう。

しかも伝説では、あの神話に出てくる日本武尊(やまとたけるのみこと)が植えたという桜だとか。境内には他にも30本のソメイヨシノ、15万株のラッパスイセンも咲きます。まさに見事の一言ですね。

アクセスは車が便利です。中央自動車道の須玉ICから車で約15分の距離。ぜひとも訪れてみてください。

[山高神代桜 | ほくとナビ – 北杜市観光協会]
[山高神代桜 開花速報|実相寺]

岐阜県の淡墨桜(うすずみざくら)・・・例年の見頃4月5日〜12日頃

日本最大桜のもう1つは岐阜県の本巣市にある淡墨桜(うすずみさくら)。根尾谷の公園にあるエドヒガンザクラで、桜の種類は山梨県の山高神代桜と一緒ですね。

樹齢は1500年以上。満開のときに白い花を咲かせ、散る前に淡い墨色になるところから、淡墨桜と呼ばれているとか。こちらは継体天皇が植えたと伝わるとかで、その枝を広げた大きさは東西27m、南北は20mにもなる堂々とした古木です。

アクセスに関しては大垣駅から乗り換えて電車でも行けますが、本数が少ないですので自動車の方が便利。

名神高速道路の岐阜羽島(ぎふはしま)I.C.か大垣(おおがき)I.C.で下車後に北上し、国道157号に入ってさらに北に進んでください。根尾川沿いに山道を上がると、桜のある淡墨公園に到着します。ちなみに開花時期は大変な混雑をします。渋滞が嫌な場合は、ダイヤを調べて大垣から樽見鉄道で終点まで行き、徒歩で向かってください。

[根尾谷淡墨ザクラ|本巢市]
[根尾谷淡墨ザクラ 過去の開花情報|本巢市]

以上が日本三大桜です。さらに、埼玉県北本市東光寺境内にある「石戸蒲ザクラ(いしとかばざくら)」と、静岡県富士宮市にある「狩宿の下馬ザクラ(かりやどのげばざくら)」を加えた5本が、日本五大桜と呼ばれています。


樹齢約800年の石戸蒲ザクラ
(C) 北本市観光協会

[石戸蒲ザクラ|北本市観光協会]
[狩宿の下馬桜|富士宮市]

今年の春の桜は、どんな姿を見せてくれるのでしょうか。ここ数日寒さが戻ってきただけに、ことさら待ち遠しい今日この頃です。

[Photos by Shutterstock.com]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP