ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ゼロ金利で注目 正しい「タンス預金」の方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 メガバンクの普通預金金利が年0.001%と限りなくゼロに近づいた今、「銀行に預けていても仕方ない」とタンス預金用に金庫を買い求める人が増えている。しかし、自宅で安全に現金を保管するのは簡単ではない。正しい「タンス預金」の方法をお教えしよう。

 現金を守ってくれる金庫はどう選べばいいのか。日本アイ・エス・ケイの鋼製品事業部の担当者がいう。

「注意したいのは鍵を使わずハリガネなどで開けてしまうピッキング行為。その対策として、指紋認証で解錠する金庫が人気です。そもそも鍵穴がないので、絶対にピッキングできない。また、SuicaやPASMOなどの交通系ICカードを鍵として設定できる金庫もあります」

 ホームセンターの島忠ホームズで売れ筋なのが、アメリカに本社を置くセントリー社の金庫だ。こちらは災害に強い。

「人気の耐火耐水モデルは、1093度で20分間急加熱する爆発テストをクリアしているので、大規模な火災にも対応できます。水害に対しても水深20センチの水槽に24時間沈める耐水テストをクリア。セキュリティに関心の高いアメリカの規格をクリアした心強い金庫で、価格は7万8000円(税別)~です」(セントリー日本広報担当者)

 ただし、「金庫が売れるほど泥棒に狙われやすくなる。金庫の置き場所には工夫が必要です」と指摘するのは、防犯ジャーナリストの梅本正行氏だ。

「人目につかないところに置くのは当然ですが、脚立を使わなければ手の届かない場所など、泥棒にとって手間のかかる場所に保管したほうがいい。

 一般的な家庭のドア枠は約90センチですので、持ち出せないように金庫の底に幅90センチ以上の鉄板を溶接してしまうのも手です」

 最近では、「自宅に眠っている現金を運用しませんか?」と言葉巧みに忍び寄る“タンス預金詐欺”なる犯罪も起きているという。自宅での現金管理は気軽ではないようだ。

※週刊ポスト2016年3月18日号

【関連記事】
「タンス預金用」に売れる金庫 本当に買う意味はあるのか
摘発された悪質脱税 通帳を蛍光灯に隠すなど古典的手法多い
親の死後の資産確認は困難 存命中に可能な限り把握すべき

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP