ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ほぼ日」を支える宇宙部員とは?「喜びの総量」を増やすために、裏側の仕組みを支える人たち

DATE:
  • ガジェット通信を≫

根強いファンに支えられた創刊17年の老舗サイト

──「ほぼ日刊イトイ新聞」(以下、ほぼ日)のユーザー数や利用状況について教えてください。

インタビュアー 立薗理彦氏
エンジニア。ニュースサイト“ナタリー”立ち上げ時のCTOとして、バックエンドとUIの開発を行う。その後、サンフランシスコのngmoco社でゲームエンジンの開発にも従事。帰国後、ジャーナリストの津田大介氏と共にアンケートサービス“ゼゼヒヒ”・政治メディア“ポリタス”を立ち上げた。

佐藤:月間ユニークユーザー数は130万人ほどで、もっとも多いボリュームは30代女性です。メールやTwitterの反響、ECサイトの利用傾向を見ても女性が多いです。

──メディアとしても、男性ファンも増やしたいという意図はあるのですか?

佐藤:いいえ。特にないですね。もの言わぬ読者に、男性が多いのではないかとも思っていますが。コンテンツを作る時にターゲッティングをすることはなく、逆に、性別や世代、時代を超えて、普遍的に面白いことを作りたい、というのがベースにある考え方だと思います。

▲株式会社東京糸井重里事務所 宇宙部(=エンジニアチームの愛称) 佐藤智行氏
1998年のほぼ日スタート時を知る人物。2007年まで1人でエンジニア案件を切り盛りしてきた。

──ほぼ日は1998年から続けられていますが、ユーザーの年齢は上がってきていますか?

佐藤:そうですね。ユーザーも一緒に年を重ねている感じです。若い人も増やしたいねという話はしています。でも、そのために若者向けのコンテンツを増やそうという会社ではないです(笑)。

──人気記事の傾向などはありますか?

佐藤:やはり日々のアクセス数が目立つのは最新の記事ですね。ニュース等で過去のアーカイブのアクセスが伸びることはありますが、まだあまりアーカイブにスポットを当てた見せ方ができていないということも原因だと思います。最近だと、バルミューダの寺尾さんと糸井(糸井重里氏)の対談記事が注目されています。

──コンテンツへのアクセスは、トップページ経由が多いのですか?

佐藤:ほぼ日を毎日読んでくださるファンの方はトップですね。糸井が毎日更新するコラム「今日のダーリン」を楽しみに訪れる方が多いです。

日常的に発生する細かいスキマ仕事は当番制で対応

──エンジニアチームの体制について教えてください。

佐藤:正社員は60名ほどですが、エンジニアは私と川本を含めて4人います。私は、新規事業の立ち上げプロジェクトにかかわっているため、ほかの3人がほぼ日を見るという状況です。エンジニアチームは、社内では「宇宙部」と呼ばれています。

──宇宙部というのは、どこから来たんでしょうか?

佐藤:きっかけは、2007年に川本を採用した際、採用面接で私と川本がIT話で盛り上がっている様子を見たほかの社員が、「何を話しているのかさっぱりわからない。宇宙語をしゃべっているようだ」と言ったからです(笑)。

──ああ、仲間同士で会話をしたら専門用語がでちゃったんですね(笑)。岡村さんは別のチームになるんですか?

佐藤:岡村は宇宙部ではなくて、宇宙語がわかるデザイナーですね。

──コーナーや記事といったコンテンツは、どのような工程で作られるのでしょうか。担当者やチーム編成を決めるところから始めると思いますが、たとえばバルミューダの企画などは?

佐藤:企画ごとにそれぞれ異なりますが、バルミューダの企画は、糸井がトースターを予約購入して、本当においしいパンが焼けると感動していたところ、とあるイベントで寺尾社長とお会いしたことから始まりました。

ほぼ日ストア(ECサイト)で販売や、TOBICHI(ほぼ日の実店舗)での試食イベント、寺尾社長と糸井の対談コンテンツなどの企画が次々と決まりました。

中心になったのはプロモーションチームと編集部で、企画が動き出すとすぐにメールが社内に共有され、翌日にはデザインチームやTOBICHIチームも参加していました。

──エンジニアの担当や役割分担についてはどのように?

佐藤:エンジニアが全員でまだ4名ということもあり、ネットワークからアプリケーション、さらには社内SE的なことまで誰でも担当できるようにそれぞれに専門を設けず、フラットに受け持つようにしています。ただ、それだと開発効率が落ちる面もあるので今週の当番というものを作りました。

──今週の当番?

川本:週替わりで1人ずつ、当番制にしています。当番がやる仕事は、10~20分程度で終わるような、簡単に処理できるものです。プロジェクト以外に、ちょこちょこ発生したり依頼されたりする作業は、当番がやることになっています。それ以上の規模のものは、いったん預かって誰がやるか検討します。

▲株式会社東京糸井重里事務所 宇宙部 川本比佐雄氏
JPNICでwhoisサービスの作成・運用経験あり。JPRSに移籍して汎用JPドメインシステムを開発したのち、2007年に2人目の宇宙部員としてほぼ日へ参加。

──長期的なプロジェクトの数、規模、期間などは?

佐藤:プロジェクトの規模はいろいろありますね。オフィスの引越しに伴う社内のネットワークの移設もその1つでした。こちらの期間は2か月くらいです。私がかかわっている新規事業のプロジェクトは1年くらいの期間をかけています。ほかに長期的なものとしては上場を見据えた社内システムの構築や海外販路へのEC対応などがあります。

各自が大小さまざまなプロジェクトを担当していますが、ECサイトの仕組みは、13年間にわたり常に動いていて、改良や修正なども日々行われているので全員が担当しています。

Perl、メール、HipChatなど定番の言語とツールを利用

──開発言語やツールはどのようなものを使っていますか?

川本:タスク管理はGitHubのIssueで、ソースコード管理もGitHubです。ほぼ日やECサイトは、昔からPerlを使っています。新規の企画で、RubyのフレームワークのSinatraやRailsを使うこともありますね。

──サーバーはクラウドですか?

川本:新規案件でスポット利用の場合は、Amazon Web Services(AWS)を使うことが多いです。それ以外は、データセンターでオンプレミスです。この前、やっと2007年のころのサーバーを一新できました。
2012年にECサイトの仕組みを構築したときは、コストなどを考えてオンプレミスを選択しました。次回リプレイスすることがあれば、クラウドになるでしょうね。

──社内とのやり取りやメッセージツールは使っていますか?

佐藤:リアルタイム性が必要な場面、たとえば、11時の定時更新後に行う更新チェックではHipChatを使っています(※ほぼ日は平日11時、休日9時が定時更新)。SlackのほうがAPI連携などできることが多そうですが、UIが英語しかなくて、苦手な人がいるので。

──ほかにはどんなコミュニケーション手段を使っていますか?

佐藤:1998年からの伝統で、メールが一番多いですね。社内全員にとどくアドレスにCCして、情報共有をしています。社内コミュニケーションを円滑にするために席替えもしています。完全なくじ引きによる席替えが年に3回あり、他の部署や役割の人と、席が隣どうしになります。経理、マーケティング、編集、デザイナーといった並びで座ることもあるわけです。ですから、普段から部署以外の人とのコミュニケーションがとれてますね。

新しい技術はこっそり導入してじんわり浸透させる

──SEOへの取り組みはしていますか?

佐藤:SEOのために特別なことはしていません。「ほぼ日手帳」では、SEOを何もしていないにもかかわらず、「手帳」の検索で1位になったことがあります。いまは順位が落ちたかもしれませんが、昨年までは1位でした。ちゃんとした内容で質がともなっていれば、検索で上位になるだろうという考えでやっています。

──エンジニア側から糸井さんや他の社員に対するフィードバックはしていますか? 「もっと検索に引っかかるようにしなきゃダメだよ」「ソーシャルネットワークを使うようにしなきゃダメだよ」といった働きかけはしていますか?

私がナタリーをやっていたころは、結構戦いがありました。Twitterと連携させようと強く主張したのですが、編集部、特にライターさんから強く抵抗されました。まだTwitterが始まって間もない、海のものとも山のものともつかないころです。

編集部としては、自分たちは音楽のメディアをやっているのに、そこへよくわからない流行りものの技術を入れるのは気持ちが悪いと意識があったようです。音楽メディアが、わけのわからないものとつるんではいかん、といった拒絶反応がありました。

でも、編集長や津田大介は、技術に興味がある人だったから、面白がって賛成してくれました。

佐藤:そういう時期は、ほぼ日にもありました。2008年くらいですかね。結局、公式アカウントを開設したのは2010年になってからでした。

──エンジニアは、いろいろ新しいものを取り入たがるという習性があります。世間一般で認知されて当たり前になり、気持ち悪くないレベルになるまでタイムラグがあります。そういう気持ちにどうやって折り合いをつけていますか? 

Webデザイナーも同様で、インタラクティブコンテンツに対して「そんなの動かすな」と言われますよね?

岡村:私は、新しい技術を取り入れようという姿勢です。ただ、紙中心でやってきたデザイナーの気持ちもわからなくはないというか……。実は、この前も、新しい技術を使ったコンテンツを内緒で作りました。その時はこっそりとやるだけで、おおっぴらに「こういう技術を使いましょう!」という提案はしませんでした。

コーディングも得意なデザイナー 岡村健一氏
株式会社東京糸井重里事務所 デザインチーム。アクシスで雑誌デザインやウェブサイト制作を経験。Flashに興味を持ち、独学でActionScriptを習得。技術がわかるので、宇宙部とデザイナーの橋渡し的な役割も担う。

川本:この前、ウェブフォントも勝手に使っていたよね(笑)。

岡村:そうそう。ウェブフォントも、私がこっそり使っていて、「これなんですか?」と聞かれて初めて説明しました。じんわりと浸透させるという戦略(笑)。

川本:個人の裁量でいろいろできてしまうので、やってから「それ何?」と聞かれて説明することは多いですね。

──そのあたりの裁量というか、誰が責任を取るかというのは決まっているのですか?

岡村:ちょっと大げさですが、勝手にやる人は、自分で責任を取る覚悟があるんじゃないですかね。これ以上はやっちゃいけないといった線引きも、各自が判断します。

──デザイン面での新しい試みは、受け入れられやすい環境のように思えます。紙のデザインをやっていた人は、デザイン周りの表現技術については食いつきがいいし、個別デザインや細かいデザインにこだわりますよね。

岡村:取材も編集もページ制作も社内でしているので、デザインの面では実験的なこともできているかもしれないですね。

──TwitterやFacebookが普及して、エンジニアでなくても新しいものに対して「とりあえず乗っかってみるといいかも」と考える人も出てきそうなものですが、その辺は期待していますか?

川本:「おもしろいものがあったら教えてね」という程度ですね。それでも、TwitterやFacebook以降は、LINEや動画系サービスなども出てきて、2008年ごろの「よくわからない感」は減ったと思います。

──技術を使って何かやることへの抵抗は薄まっていると?

佐藤:そうですね。あとは、自分たちのなかで守っているのは、一部の人だけを対象にした新しい技術は使わないということです。WebSocketが出てきたときも、Googleアナリティクスでユーザーの利用ブラウザーを見て、8~9割が使えるようになるまで採用しませんでした。

ほぼ日新オフィスの和室で和やかにインタビューが行われた。

ほぼ日にもスマホシフトの波が押し寄せる

──ユーザー環境でPCとスマホの割合はどうですか?

川本:PCとスマホだと、6:4くらいの割合でだいぶスマホが伸びてきています。

──社内的にどちらを重視していますか? 制作側はPCで見てしまう傾向がありますが、データを見ると読者はスマホへと変化しています。ナタリーでもポリタスでも、「自分たちはPCを使っているけど、お客さん(読者)は使っていないから」という話をよくしましたけど。

川本:その点については、2015年の夏にアクセス状況を全員のミーティングで確認し、スマホを意識するようにしようとなりました。私たちとしても、スマホで見られているのだから、まずスマホのページを作り、そのあとでPCのページを作るべきだと提案してきた結果、その意識が社内に浸透してきているのを感じます。

──アクセス状況を全社員で共有するのは昔からですか?

川本:URLごとのアクセスログは、日次で全員に共有しています。Googleアナリティクスも全員が見られるようにはしていますが、見る人にばらつきがあるので、全員のミーティングで共有されます。

──見る人にばらつきがあるといっても、傾向は把握しているわけですよね?

川本:そうですね。それぞれ自分が担当している記事はやっぱり気になるみたいです。

──とても既視感がある話です(笑)。ナタリーもポリタスも、スマホが圧倒的に多いです。ただ、デザイン重視でイラストレーターに絵を描いてもらうなどしていたので、編集者は大きな画面で見せたがっていました。

私も大きな画面で見せたい気持ちはやまやまだけど、でもユーザーはスマホで見ている。編集者はアクセスログを見ないから報告されても実感がないようで、圧倒的にスマホから見られていることをついつい忘れて、PC中心で考えてしまう。

「27文字ルール」に代わる新しい“ほぼ日らしさ”を模索中

──編集者は、しっかりデザインしたいという意識があります。スマホでもできないわけではないものの、制約が多く紙とは勝手がだいぶ違ってきます。私は、デザイナーから「私はデザインをやりたいからPCで見せたい」と言われたことがあります。そういう経験はありますか?

岡村:デザイナーに限ればあるかもしれません。それでも、スマホファーストで行こうと決めてからは、だいぶ変わってきましたね。

左がPCビューと、右がスマホビュー

──そもそも、スマホのデザインはダメだという前提になっていますが、スマホならではのいいデザインにチャレンジすることもあると思いますが。

岡村:デザインチームでは、ほぼ日ならではのスマホデザインがあるんじゃないかという議論はしています。まだ具体的には実現できていませんが。ほぼ日では、昔から「27文字改行」というルールを定めています。それと同じように、スマホでもほぼ日なりの表現を作りたいですね。

──27文字改行というルールは、どのような経緯で決まったのですか?

岡村:1998年当時、どのウェブブラウザーでも崩れずに表示できるのが27文字だったからです。文章を書く側も、27文字でうまく改行できるようにリズムを付けることで、ほぼ日らしさを表現するという面も少しずつ出てきたので、途中からルール化しました。

──スマホだと27文字には収まらないですか?

岡村:収まらないですね。そこがほぼ日のスマホ化を阻む原因の1つになっています。いまのところ対応方法は、改行文字数を27文字よりも減らすパターンと箱組みにしてしまうパターンの2つがあります。

──スマホ時代だと、27文字に変わる文字数を新たに決めるのか、それとも箱組みのままいくのか、どうなりそうですか?

岡村:基本的にはスマホの場合だけ箱組みで見せるようにして、27文字というのは、この先もずっと続けていくと思います。句読点の代わりに改行している表現の場合は、改行をなくしてつなげると切れ目がなくなってしまうので、今後は句読点を打つようにするなど、箱組みになってもいいような書き方を編集部と一緒に考えていきたいです。

──たしかに文字数が決め打ちだと、簡単にスマホへ切り替えられませんね。27文字で改行する前提で文章を書いているわけですから、それは大きな悩みですね。

岡村:スマホの大きさも今後変わるかもしれません。その都度対応するのではなく、1つのルールを決めて、どんな大きさや幅でも対応できるようにしたいですね。

自前へのこだわりは商品の世界観を大切にするため

──メディアを運営するにあたって、何を指標にしていますか?

佐藤:自分や周りの人にとっておもしろいかどうか。みんなを喜ばせたいですし、喜びの総量を増やしたいという思いでやっています。ECサイトでコンバージョンの数字などは見ていません。スーッと次のページに進めることが必ずしもいいわけではなく、ちょっと立ち止まって考えるとか、どういう体験をしてもらいたいかは商品ごとにまったく異なります。

まずは商品の世界観を感じてもらう。今回はいいやと思っても、次に買うときまで思いを溜めてもらえればいいと考えています。

──ソーシャルメディアなどが登場して、メディアと読者の付き合い方が変わったように思えますが、その点について何か感じたことはありますか?

佐藤:より短い言葉がダイレクトに伝えられるようになってきたと思います。メールだけでなくSNSなどで届けられる言葉にもすぐ反応できるように運営側の体制も整えていきたいですね。

──そういえば、ほぼ日手帳は販路を限っていて、全種類は自前のECサイトでだけ販売してるのはなぜですか?

佐藤:商品の価値をちゃんとお客さまに伝えてくれるところで売りたいという考えがあります。LOFTさんは、定員の方も含めて理解してくれていますし、店頭でもコーナーを設けてもらっているので、そういうところには販売をお願いしています。

岡村:商品もコンテンツの一部という考え方です。バックグラウンドのストーリーや制作過程まで含めて商品として届けたいので、店頭に商品だけを置くというのは難しいんです。

──今後の取り組みとして、ウェブ以外にやってみたいものはありますか?

佐藤:TOBICHIですね。ほぼ日の実店舗であり、イベント会場であり、リアルな場です。小さいので、相手にできる人数はウェブに比べれば少ないですが、対面でお客さまの顔を見ることができます。何かに触れてもらうこともできるという、リアルならではのおもしろさがあります。

そこから生まれてくる新しい企画やリアルなものに興味が向いています。エンジニアですけど、ウェブよりもいまはそっちにひかれています。実際、TOBICHIに呼ばれる仕事も多いです。電気関係の仕事とか(笑)。

岡村:私も、いまはTOBICHIがおもしろいですね。デザイナーとして作り物でかかわることが多いです。あとは、電子書籍をやったことがありますが、ウェブやスマホではない方面もやれたらいいですね。

川本:弊社は上場に向けて準備しているのですが、そのためにいろんなことをやらないといけないので、ウェブ以外だとそれになりますね。

──ありがとうございました。

<取材後の感想>

エンジニアとしてウェブメディアに関わる中で、ぼく自身はテクノロジーとオペレーションでメディアの力を最大化することを自分の仕事と位置づけて、サイトへの提案や実装そのものを行ってきました。

一方で、いわゆる「コンテンツがバズった」いくつかの経験を振り返ると、それはコンテンツが力を持っていた時であり、コンテンツの力はシステムやテクニックの力を簡単に超えてしまうという感想もあります。

ほぼ日編集部のエンジニア/デザイナーの皆さんは、一環してコンテンツについての話をされています。

元々のサイトの成り立ちから生まれた社風、そしてそのやり方で実績があがったからこそできることだと思いますが、これはなかなか真似をできることではないなと感じました。

そして、真似ができないからこそ、ほぼ日が強い存在であり得ているのかもしれません。──立薗理彦

(文:仲里淳、写真:福井ヒロタカ)

「立薗理彦の次世代メディア探検隊」バックナンバー

『LINE NEWS』の裏側を教えてもらいました
技術の力で料理を変える!?『クックパッド』の裏側を教えてもらいました

CodeIQ MAGAZINE
カテゴリー : デジタル・IT タグ :
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP