ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お腹のわが子が助けてくれた。あの日、産院で逆子になっていた何人もの赤ちゃんたち

DATE:
  • ガジェット通信を≫
f:id:akasuguope03:20150928194602j:plain

あれは、私が妊娠6ヶ月のときでした。

「赤ちゃんが産まれたらしばらく2人で出かけられないね」

と、夫と出産前のお出かけを計画していました。

行き先は千葉県の水族館。

行く日にちは3月のある日、主人の仕事の休みの日。

しかし、旅行の予定日を間近にしたころから、お腹の張りを感じることが多くなりました。

病院に行こうか、でもとりあえず安静に…と思い、自宅で横になっていました。

しかし当日になってもお腹の張りがおさまらないので、旅行は保留にして午後から受診することにしました。

そして、自宅で横になっているとそれは起きたのです。

どこか遠くのほうから、「ゴー!!!!」という聞いたことのないような音が聞こえてきました。

そしてもの凄い揺れが起きたのです。

甚大な被害を出した「東日本大震災」でした。

私の住んでいる地域も被災してしまいましたが、幸いガスや水道は止まることなく、電気だけが止まってしまった状態でした。

しかし我が家は暖をとるのも電化製品だったので、真っ暗でとても寒い中過ごしました。

震災翌日の午後には電気も復旧しましたが、近所の店には品物が満足に揃っていない状態が続き、買い物に困ってしまうことがありました。

散乱したものの片付けを簡単に済ませ、震災時に行けなかった病院へ行きました。

すると、病院内には沢山の妊婦さんが・・。

私の名前が呼ばれ、診察が終わると、先生から驚きの一言が。

「地震の影響なのかな・・・今日来ている妊婦さん、ほとんどが逆子になってしまってね。ちなみに○○さんもね」

地震の影響で何人もの人が逆子になってしまうなんて・・・。

ストレスがかかると、逆子になると聞いたことがあります。

改めてことの重大さ、大変さを実感しました。

でも、私の場合は、お腹が張っていたから出かけずに済んだのです。

赤ちゃんが逆子になってお腹を張らせたから、私たちは危険を免れたのかもしれない。

危ないことを察して教えてくれたんだ、と…。

それから4ヵ月後、元気な女の子を出産しました。

その子も現在4歳。

あの時と同じ、とても気持ちの優しい子に育って私を支えてくれています。

命を助けてくれた娘に感謝しています。

f:id:akasuguope02:20160307214134j:plain著者:sea0707

年齢:33歳

子どもの年齢:4歳

2011年3月。甚大な被害をもたらした東日本大震災に、妊娠6ヶ月のときに遭いました。その時に起きた不思議な体験のおかげで私は命を救われました。私を救ってくれたのはお腹の赤ちゃんでした。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

30週で逆子に。きつ~い逆子体操をしても治らなかったのに、〇〇で回った!? by たら実
逆子で経腟分娩。私、産まれた時は青紫色だったそうです… by フクミー
信じる者は救われる?34週の逆子騒動で体操&床掃除が日課に

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。