ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

名物料理を「食べる→作る」に!現地の人から学べる世界のお料理教室10選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「旅行の楽しみと言えば?」必ず挙がるのが、「おいしいものを食べること」ですね。

「今度の旅行では、どんなおいしいものに出会えるんだろう?」

これは毎回楽しみなことではありますが、旅行回数が増えてくると「普通の観光客があまりしないようなことをしてみたい」と考えるようになると思います。

 

そんなときには、「食べる」だけでなく、「作る」方にも目を向けてみてはいかがでしょうか。「クッキング・クラス」と呼ばれるアクティビティ、要は「お料理教室」です。

 

気軽に参加できるホテル主催の無料のものから、有料の本格的な料理学校の体験コースまで、旅行中に参加できるものは、実はたくさんあります。

まずは、気軽に参加できる、ホテルの無料アクティビティからご紹介していきます。

(※写真は全てイメージです)

 

フレッシュ・ココナッツを堪能できる!「ココナッツ割り」

photo by Taiwai Yun

ココナッツが産地となっているビーチリゾートのホテルには、たいていホテルの無料アクティビティとして、「ココナッツ割り」があります。

開催時間に開催場所に行くだけで、宿泊客なら誰でも参加できます。

 

まずは、さっぱりとしたココナッツ・ジュース。次に、胚の白い部分を削って絞った「ココナッツ・ファイン」。そしてそれを絞って「ココッナツ・ミルク」。どれも味見できます。

タヒチで参加したこのホテルでは、最後はココナッツ・ミルクにラム酒を加えてカクテルにしてくれました!

 

タヒチのホテルの「クッキング・クラス」

photo by Eric Chan

タヒチの名物料理「ポワソン・クリュ」を作るクッキングクラスを、無料で開いているホテルもあります。

作り方の実演では、新鮮なマグロのお刺身がココナッツミルクとライムジュースで、さっぱり爽やかに仕上がりました。

 

中には有料で開催しているホテルもあり、内容はもちろんぐっと本格的になります。

 

バリのホテルで本格インドネシア料理を学ぶ

photo by pixabay

.インドネシア・バリの「サマベバリ・スイート&ヴィラ」ホテルでは、毎週月・水・金曜日の11:15から、ホテルのキッチンを利用してクッキング・クラスが開催されています。

ナシゴレン、ミンチフィッシュ、バリ風サテなど、教えてもらえる品数も多く、終了後はそのままみんなで試食会です。

インドネシア料理は、ソースが特徴的。

ピーナッツソース、タマリンドチリソースなどの正しい作り方を覚えて帰ることができれば、自宅でも本格的なバリの味を再現できますね。

 

モルディブのリゾートで、モルディビアン・カレーを習う

photo by Sarah Ackerman

モルディブの「ミリヒ・アイランド・リゾート」では、ビーチからの心地よい風を感じながら、リゾートのヘッド・シェフ直伝、モルディビアン・カレーの作り方を学ぶことができます。

 

かぼちゃのサラダ、魚のカレーと豆のカレー、ココナッツ・ブレッド、デザートにはバナナ・フリットと内容盛りだくさん。予約の人数が集まれば開催されます。(筆者が訪れた日は2カップル4人でした)

1時15分から始まり、出来上がったらそのまま試食会です。

 

こんなにおいしいカレーが、煮込まなくても短時間で完成するとは、まさに目からウロコでした。

 

ミシュラン星獲得レストランのレシピを香港で学ぶ

photo by Miyo Sekimoto

「インターコンチネンタル香港」では、年間を通じてホテル内にある、ミシュランの星を獲得したレストラン「ヤントウヒン」「アラン・デュカス」「ノブ」の料理が学べます。

「ヤントウヒン」のシェフが講師をつとめるコースでは、飲茶の作り方や中国茶の入れ方など学べる内容になっています。

ふわふわの肉まんが、あなたにも作れるようになるかも!

 

ハワイの伝統料理を日本語で学ぶ

photo by greggman

.

ハワイ、ホノルル動物園の目の前、ワイキキ・グランド・ホテル6階にある「マーメイドコーヴ・スパ」では毎週土曜日、日曜日にクッキング・クラスが開催されています。

ロミロミサーモン、ラウラウ、ポイ、ハウピアといった、ハワイの伝統料理の作り方を学ぶことができます。日本人が開催していますので、日本語でOKです。

 

まずは日本人観光客に大人気の「KCCファーマーズマーケット」へ向かい、そこでの材料調達から始まる内容になっています。とても楽しそうですね!

 

アテネで本格ギリシャ料理を学ぶ

photo by Alpha

ギリシャのアテネで開催されている「アテネ・クッキング・レッスン&ディナー」では、本格的なギリシャ料理である、ドルマーテス、グリーク・サラダ、ブドウの葉とフェタチーズのパイなどの作り方を学ぶことができます。

 

午後から始まり、料理が完成した後はそのまま、参加者全員で試食会を兼ねたディナーになります。世界各国からの参加者と、ギリシャワインを酌み交わしながら、親しくなれそうですね。

 

バルセロナで絶品パエリアの作り方を覚えたい

photo by Matt Westgate

スペインのバルセロナには本場のパエリアをはじめ、スペイン料理のタパス、ピンチョスなどの作り方を学ぶことができる「クック・アンド・ テイスト・バルセロナ」があります。

オプションですが、「サン・ジョセップ市場」を見学する内容もあります。現地の人の解説つきで市場の素材を見て歩けるのは、きっと楽しいでしょうね。

 

バルセロナのレストランで食べたパエリアは、日本に伝わっているパエリアとは、別物でした。あのおいしさはどうやったら出るのか、正しい作り方をぜひ知りたいものです。

今度バルセロナに行く機会があったらぜひ参加してみたいです。

 

ミラノで手打ちパスタ作り体験と本格イタリア料理

photo by Richard Hsu

イタリアのミラノで、本格的なイタリア料理を学べるのが「クック・イン・ミラノ」。講師はイタリア人ですが解説は英語です。

学べる料理は、北イタリア、中央イタリア、南イタリア、パスタ、などのコースから選べ、リゾット、パン、デザートなど計4つの料理を学ぶことができます。

 

朝9時に始まり、午後1時まで。スパークリングワインをいただきながらの楽しいクッキング・レッスンです。

 

パリの料理学校「ル・コルドンブルー」の体験コース

photo by pixabay

最後は、クッキング・クラスとしては最高峰?名門料理学校の体験コースを紹介します。

フランス、パリの「ル・コルドンブルー」といえば、フランス料理の名門料理学校。敷居が高いように感じますが、ここには、観光客も参加OKの体験コースがあります。

 

シェフを目指す学生たちに交じって、スープ、メインディッシュ、デザートの3品の作り方の説明の授業を受けられる貴重な体験。

解説はたいていフランス語ですが、時間によっては英語のコースもあります。

 

 

 まとめ

いかがでしたか?いろんな国の名物料理。

作り方をしっかりと覚えて帰国すれば、その料理を作るたびに旅行のことを鮮明に思い出せます。

ぜひ機会を作って、体験してみてください。

関連記事リンク(外部サイト)

海外にある絶景レストラン7選で最高の一品を!
カフェ文化発祥の地!美食の街ウィーンのおすすめレストラン4選
【料理好きは知っておきたい!】感激するほど美味しい関東地方の料理まとめ
旅人たちの主食!中東で食べるべき国民食6選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP