体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

忍者のようにすばやい!? 「BIGLOBE NINJA SIM」

忍者のようにすばやい!? 「BIGLOBE NINJA SIM」格安スマホを展開するビッグローブ株式会社では、プリペイド型のデータ通信専用SIMカード「BIGLOBE NINJA SIM」を取り扱っています
「BIGLOBE NINJA SIM」は、日本に訪れた外国人旅行者などが、自分の端末にSIMカードを差し替えて利用することを想定しています。NTTドコモのLTE/3Gネットワークを利用し、価格は1GBで2,700円からと国際ローミングよりも安価にモバイルインターネットが利用できます。最近では、大手キャリアからMVNOへの乗り換えを一度試してみたい、という国内ユーザーの需要もあるそうです。  

今回は、SIMの初期設定から実際に使用するところまで試してみました。パッケージにはその名の通り「忍者」がデザインされています。目にも留まらぬ速さで陰ながら旅行者を助けるという、高速インターネットサービスのイメージにぴったり。容量ごとに上忍(7GB)、中忍(3GB)、下忍(1GB)とランク分けされており、旅行者の間では動画を撮影しながら移動する機会も多いことから、大容量タイプを選ぶことが多いそうです。

忍者のようにすばやい!? 「BIGLOBE NINJA SIM」

ここは当然上忍をチョイス、のはずが、何かの手違いで上忍のパッケージは中身がもぬけの殻。計ったなおぬし!・・・というわけで、あえなく下忍を選ぶことに。

忍者のようにすばやい!? 「BIGLOBE NINJA SIM」

これが「BIGLOBE NINJA SIM」のSIMカードおよび本体。ドコモとまったく同じデザインなので、ドコモ端末からの乗り換えでは元々入っているSIMと間違えないように注意しましょう。

忍者のようにすばやい!? 「BIGLOBE NINJA SIM」

今回はiPhone 6sを使用したので、nanoSIMを差し替えます。

忍者のようにすばやい!? 「BIGLOBE NINJA SIM」

こちらがSIMを差し替えただけの様子。画面には「docomo LTE」と表示され、一応電波をひろっているように見えます。

忍者のようにすばやい!? 「BIGLOBE NINJA SIM」

実際にはネットワーク接続されていないので、モバイル通信を使うためにはAPNの設定が必要になります。iPhoneの場合、このAPNは手動設定できないので、自宅のWiFiや公共無線LANなどのネットワーク環境がある所で初期設定を行う必要があります。

忍者のようにすばやい!? 「BIGLOBE NINJA SIM」

また、ドコモなど他キャリアのiPhoneから乗り換える場合などには、あらかじめ「設定」→「一般」→「プロファイル」をタップし、すでにインストールされているAPN設定プロファイル(spmode.ne.jpなど)を削除しましょう。

忍者のようにすばやい!? 「BIGLOBE NINJA SIM」

APNの設定方法ですが、まずhttp://0962.jp/ninjaconにアクセスします。すると上の写真のように「biglobe LTE・3G」APN設定プロファイル画面(バージョンは異なる場合があります)が表示されるので、インストールを行います。

以上、iPhoneで手動設定できない場合の設定方法になりますが、Androidスマホでは、手動でAPN設定を行うことができます。この場合は特にWiFiなどに接続しておく必要はありません。

忍者のようにすばやい!? 「BIGLOBE NINJA SIM」
1 2次のページ
デジタル・IT
SIM通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。