体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

時間を忘れるほど見とれてしまう。繊細な装飾に心奪われる世界のモスク5選

日本人にとっては、モスクといってもイマイチぴんと来ない人も多いのではないでしょうか?

実は世界には、非常に魅力的な数多くのモスクがあります。

幻想的なピンクモスクや壮大なスケールのブルーモスク、ステンドグラスが所狭しと敷き詰められた魅惑的なチャーチェラーグモスクなど、どのモスクも個性豊かなものばかり。

 

今回の記事では、世界各地から厳選した美しく神秘的なモスクをご紹介します。

 

ブルーモスク(トルコ)

3818431987_0b9f465859_b

Photo by David Spender

6350699878_2695d84d89_b

Photo by Fred Bigio

トルコのイスタンブールにある「スルタンアフメト・モスク」は、通称「ブルーモスク」としてその名を広く知られています。

その名の通り、モスク内部の壁や天井は優しいパステル調のブルーを帯びた色をしています。

 

イスタンブールを代表するモスクで、建築家メフメットによって建てられました。

オスマントルコ帝国時代から残る建築物であり、その美しさだけでなく歴史的にも興味深い建造物です。

世界で唯一優美な6本のミナレット(尖塔)を持つこのモスクは、イズニク製の青い装飾タイルやステンドグラスで彩られており、世界一美しいモスクと謳われています。

 

シャーチェラーグモスク(イラン)

Vivian Osorioさん(@vivian.osorio)が投稿した写真 – 2015 5月 13 8:18午前 PDT

Urmia Cityさん(@artaman90)が投稿した写真 – 2015 2月 23 6:20午前 PST

中に入れば全てが宝石のようにキラキラと輝く、イラン・シーラーズにあるシャーチェラーグモスク。内壁とドーム天井はすべて鏡のモザイク張りで作られています。

「光の王」「ランプの王」 と讃えられた殉教者の兄弟、アミール・アフマドとミール・アフマドを祀ったモスクです。

 

通常、異教徒がその内部に入ることは許されていませんが、私が今年1月に訪れた際は内部に入ることができました。

異教徒だからといって断られることなどなく、中に入るとボランティアの案内人がおり、モスク内を詳しく案内してくれました。

 

原則として、カメラの持ち込みや写真撮影は禁止です。ただしスマホは持ち込めるので、許可を取ってスマホで写真を撮る人もいるようです。

 

ピンクモスク(マレーシア)

Sunset over Putrajaya Mosque, Kuala Lumpur

photo by pixta

pixta_17419707_S
1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。