ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

松井稼頭央 メジャー選手に劣らぬ肉体を保つトレーニング

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「もう1回! もう1回!」──室内に宮本英治トレーニングコーチの声が響く。松井稼頭央(40)は歯を食いしばり、声にならない呻きを漏らす。バーベルを上げるたび、膨れあがった腕に血管が浮かび上がる。

 今季プロ23年目。すでに2000安打も達成した東北楽天ゴールデンイーグルスの大ベテランである。しかし、1月からスタートした自主トレは苛烈を極めた。これが40歳を迎えた選手のトレーニングなのか──。

 西武ライオンズ入団時からトレーニングを見てもらっている宮本コーチと、メジャー時代に出会った岡克己トレーナーを自費で雇い「チーム・カズオ」を結成。オフは徹底的に体を追い込んでいく。

 今回の自主トレにはチームの後輩である伊志嶺忠(30)、阿部俊人(27)の若手2選手も参加したが、2人とも松井と同じペースで練習をこなせなかった。宮本コーチによれば、松井のトレーニング量は年々増えているという。松井本人が語る。

「若い頃はトレーニングをすれば、それに比例するように筋力も上がっていきました。でも、今はもう同じような曲線のグラフは描けない。だからもっと上のトレーニングを目指す。それくらいの意識でやっと現状を維持できるんです」

 もちろん20代の頃のように、ただがむしゃらにやればいいというわけではない。

「大切なのはメリハリです。今は肉体をピークに持っていく時期なのか。それとも敢えて落とす時期なのか。その見極めに経験が必要で、難しい」

「今年の自主トレは特に厳しくいこう」──そう誓う理由があった。

 昨オフの自主トレでは、背中に張りがあったため練習内容をセーブした。すると、キャンプに入っても一向に体調が上向かない。そのまま開幕を迎え、結局、打率2割5分6厘、10本塁打、14盗塁の成績でシーズンを終えた。かつてトリプルスリーを達成したこともある彼にとって納得のいく数字ではない。

 松井には「今年は勝負の年」という覚悟がある。成果は早速2月のキャンプから表われ始めている。

「フィジカル面が順調に来ている分、打つことも守ることも思う存分できています。ベースがしっかりしているから、簡単にばてない。改めて走り込みやトレーニングの重要性を実感しています」

 現在、ヒューストン・アストロズでセラピストを務める岡トレーナーは「今でも彼の肉体は並のメジャーリーガーには負けていない」と評価する。

◆まつい・かずお/1975年、大阪府生まれ。1994年、PL学園高からドラフト3位で西武に入団。2002年にスイッチヒッターとして史上初のトリプルスリーを達成するなど常に主軸として活躍。2004年からはニューヨーク・メッツに移籍、日本人初の内野手メジャーリーガーに。2007年、コロラド・ロッキーズ在籍時にはワールドシリーズに出場。2009年、ヒューストン・アストロズ時代には日米通算2000安打達成。2011年から東北楽天でプレーしている。

取材・文■田中周治 撮影■本誌・藤岡雅樹

※週刊ポスト2016年3月18日号

【関連記事】
週5回のトレーニングする榮倉奈々 しなやかボディー披露
犬のしつけトレーニング アンチエイジングに役立つと専門家
阪神・金本知憲「肩さえ治ればもっと良いバッターになれる」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP