ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

阪神投手陣 中継ぎは39歳福原と38歳安藤頼りの懸念

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 在阪スポーツメディアからの「今年はイケる!」という威勢の良い声とは逆に、金本知憲新監督のもと調整に臨む新生・阪神の問題点は多い。スタメンが固まらず、正捕手問題は深刻化、打撃は誰かの覚醒待ちというありさまだ。そんな中、強みは投手陣だが、こちらも雲行きが怪しい。

 藤浪晋太郎(14勝7敗。昨年、以下同)、メッセンジャー(9勝12敗)、能見篤史(11勝13敗)、岩田稔(8勝10敗)、岩崎優(3勝10敗)、岩貞祐太(1勝1敗)に藤川球児。先発7本柱というと聞こえはいいが、昨年の勝ち星を合わせても46勝にしかならない。元監督の安藤統男氏の話。

「枚数だけはあるが、数字を見て分かるように、藤浪以外は10勝しても10敗するか負け越す投手。大きく勝ち越せる若手が出てこないと優勝は難しいだろう」

 その先発以上に問題なのが中継ぎと抑えだ。連投を強いられる中継ぎ陣が、相変わらず39歳の福原忍(昨年61試合登板)と38歳の安藤優也(同50試合)が頼りでは心許ない。

 抑えには新外国人のマテオを起用する方針。制球力もあり四球で崩れることはない投手だが、メジャー通算の防御率は4.65。ドミニカのウィンターリーグで17試合、11セーブの実績はあるものの、まだ投げてみないと分からない。阪神の優勝監督でもある岡田彰布氏はこう語る。

「やっぱり藤川は前(先発)に回すべきやないと思うな。後ろ(抑え)を任せてブルペンでの会話も含めて、若手に色々勉強させないと。マテオを考えているようだけど、彼はまとまったフォームから素直な球を投げるから、安定感はあっても怖さや迫力に欠ける。それに左打者に弱い。シーズンが進むにつれて抑えの問題が浮上してくるやろうね。そこで慌てて途中から藤川を回すのは無理ですよ」

※週刊ポスト2016年3月18日号

【関連記事】
【プロ野球コーチの役割】投手コーチ編 元捕手がなる例も
阪神からDeNAへFA移籍の久保康友 先発起用に疑問のデータ
ヤクルト中継ぎ徳山武陽 封印の両打ち解禁で先発ローテ狙う

NEWSポストセブン
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP