ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MY FAVORITE 5 SOUNDTRACKS UCARY & THE VALENTINE

DATE:
  • ガジェット通信を≫

女性アーティストやクリエイターが、サウンドトラックを軸に心に残る映画を紹介する好評企画。

第2弾には、音楽シーンのみならずファッション界からも注目を集めるUCARY & THE VALENTINEがセレクターとして登場。

 

Beth Rowley – ” You’ve Got Me Wrapped Around Your Little Finger”

「17歳の肖像」

歌詞もメロディーも、ステージで歌う雰囲気も、“これが大人の女性の愛だ!私もいつかこんな気持ちになるのかな”と考えながら主人公に感情移入して聴いた楽曲です。

The Hang Ups ー” One Of These Days”

「モーツァルトとクジラ」

障害を持った主人公達が、一生懸命人を想う姿がとても愛おしい。

この曲が流れた時、胸がキュンとして観終わった後にすぐ購入しました。

ARTUR NUNES – ” Tia”

「魔女と呼ばれた少女 」

やるせなくなります。

想像を超えた悲惨な現実の中に見出した、小さな希望の様なこの曲が、少し痛みを和らげてくれました。

Michael Andrews -” Mad World”

「ドニーダーコ」

悲しくて切ない気持ちがこもった楽曲。この曲を聴くたびに映画を思い出し、映画を思うだけでこの曲を思い出します。落ち込んだ時に聴くと気持ち良く落ち込めます。

セシル・コルベル -”Arrietty’s Song”
「借りぐらしのアリエッティ」

映画や本を見なくても曲を聴くだけでどんなストーリーかがわかる、これぞ主題歌!

歌詞はもちろん、歌い声やアレンジが最高に気持ち良いです。

 

 

 

 

UCARY & THE VALENTINE

兵庫県宝塚市出身。2011年に解散した“THE DIM”(神戸を中心に活動)の中心的メンバー。 音楽制作ソフト「GarageBand」を駆使し、會田茂一プロデュースによる「TEENAGE JESUS」をソロ名義、UCARY & THE VALENTINEとして2012年にリリース。2015年3月には約3年ぶりとなるNew EP「NEW DANCE」をリリース。ライヴを中心に多方面で活動中。

http://ucary214.com

NeoL/ネオエル
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP