体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

3/14付ビルボードジャパンチャートおよび2/29~3/6 RADIO ON AIR DATA発表

3/14付ビルボードジャパンチャートおよび2/29~3/6 RADIO ON AIR DATA発表

音楽サイト「Billboard-Japan.com」を運営する阪神コンテンツリンクおよびプランテックは、プランテック提供による3月14日付ビルボードジャパンチャート Hot 100、Hot Animation、国内洋楽(集計期間:2016年2月29日〜3月6日)および2016年2月29日〜3月6日のRADIO ON AIR DATAを発表した。

KAT-TUN「UNLOCK」、セールス大差を守り、μ’sを押さえてビルボード総合首位

デビュー10周年を控え、連続リリース中のKAT-TUN「UNLOCK」が、前月リリースの「TRAGEDY」に続き、シングルリリース週で総合JAPAN Hot100で首位を獲得した。シングルは16万枚弱を売り上げ、2位のμ’s 「MOMENT RING」とは約6万枚の大差を付けた。また、前作「TRAGEDY」よりもTweet数が倍増していて、ファンを中心に注目度が拡大傾向にあることが分かる。また、μ’sのファイナル「MOMENT RING」は、ダウンロードでもポイントを積み上げたが、Twitterが伸びず、KAT-TUNとのセールス差を覆すに至らなかった。

前週約50万枚を売り上げた嵐「復活LOVE」は、シングル・セールスこそ3位と落ち着いたが、PCの読取回数によるルックアップで1位、ストリーミングでも3位など、まだまだ複数のデータで強く、総合3位に留まっている。

前週70位のSMAP「世界に一つだけの花」は、リリース日の2003年3月5日がちょうど今回の計測週にあたったこと、またサウンドスキャン調べによる全国推定売上枚数がトリプル・ミリオンを達成したことがTweet数と販売数の増加に繋がり、Twitterで1位、シングル・セールスで15位をマークして、総合7位にジャンプ・アップした。

BIGBANG「BANG BANG BANG」は、前週に引き続き週間動画再生回数が160万回を超えて1位、ダウンロードで11位、ストリーミングで4位とデジタル領域での強さを維持、総合Hot100で12位から8位に順位を上げている。

μ’s、ファイナル・シングル「MOMENT RING」が有終の美!圧倒的なポイント差でアニメチャート制覇!

アイドルマスター(THE IDOLM@STER)関連の5曲を含む11曲が初登場となった今週のビルボードアニメチャート。そんな中、5年半の活動の集大成としてリリースされた『ラブライブ!』発のアイドル・グループ、μ’sのファイナル・シングル「MOMENT RING」が圧倒的なポイント差で首位となった。

μ’sは3月31日と4月1日にファイナル・ライブの開催も決定。「MOMENT RING」はやはり圧倒的なCDセールスとルックアップのポイント(ともにアニメチャート 1位)で、コア・ファンの層の厚さを改めて見せつけた。またTwitterのポイントも1位となっており、話題性でもアニメチャート中で頭一つ抜き出る結果となった。『ラブライブ!』とともにマルチメディア的な社会現象を作ったμ’s。その熱量が今後どんな形で拡散し、あるいは再構成されていくのか。その行方も気になる結果となった。

今週2位となったのは『ハイキュー!! セカンドシーズン』のオープニング曲であるBURNOUT SYNDROMES『FLY HIGH!!』。同曲はデジタル指標で前述のμ’s「MOMENT RING」をも抜き1位となっており、アニメ作品の人気を背景にライト層へ浸透していることが分かる。また、『銀魂°』オープニング曲、DOES「KNOW KNOW KNOW」もデジタル指標で2位となっており、同様のことが言えるだろう。

冒頭にも書いた通り、今週はアイドルマスター(THE IDOLM@STER)の関連5曲の同時ランクインも重要なトピックスとなった。順位を追って見ていくと、二宮飛鳥(青木志貴)が4位、大槻唯(山下七海)が6位、五十嵐響子(種崎敦美)が8位、相葉夕美(木村珠莉)が9位、中野有香(下地紫野)が12位。順位の差はCDセールスのポイントでついているもののいずれも僅差であった。

ロングヒット系では、ASIAN KUNG-FU GENERATION「Re:Re:」(『僕だけがいない街』オープニング)が再びチャートイン。また、UNISON SQUARE GARDEN「シュガーソングとビターステップ」は40週目のチャートインを飾っている。

全米&全英1位のThe 1975が洋楽チャート初の1位をマーク、ゼッド&アロー・ブラックがタッグを組んだ話題曲もランクイン

1 2 3次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会