ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バスタイムに広がる優しい香り、ローズ エ マリウスよりリキッドソーブが登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

南仏のアロマブランド「ローズ エ マリウス」から、6種類の香りを楽しめるリキッドソーブが3月8日より登場。

ローズ エ マリウスは、2012年にプロヴァンスで誕生したアロマブランド。フランス国外では初となる路面店が2014年9月27日に青山にオープンし話題を呼んでいる。

今回発売されるのは、フランスの伝統的な製法で作られたリキッドソープ。ベースは、ポピーの葉や花のエキスとオリーブの葉抽出物などの天然成分で、なめらかな肌を作る。
グラースで調合した香りは、ロゼワイン、イチジク、ヴェルヴェーヌ、ラベンダー、プラタナス、フレッシュミント6種類。優しく包まれるような香りを楽しめる。
フランスのモザイクタイルの柄をモチーフにデザインされたパッケージは、バスルームのアクセントにもぴったり。

卓越して美しく、環境に優しいアイテムが揃うローズエ マリウスのアイテムで、よりリラックスした自分時間を堪能したい。

ローズ エ マリウス
「リキッドソープ」
295ml 3,000円(税抜)
3月8日(火) ローズ エ マリウス 青山店にて発売

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。