ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android Wearがスリープ状態になるまでの時間を長くできるアプリ「Blaze Wear」がリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android Wear のディスプレイは放っておくと 5 秒で消灯し、スリープモードに移行しますが、新たにリリースされた「Blaze Wear」アプリをインストールすると、スマートフォンのように消灯時間を長くすることができます。しかし、113 円の有料アプリです。Blaze Wear は、Android Wear のバックライトの点灯時間を 5 ~ 20 分 または「消灯しない」の選択肢から切り替えられるシンプルなシステム系アプリです。私の場合、Android Wear の写真を撮影しようと思ってカメラを構えると、バックライトが消灯してしまう。手首を振るか、いちいちタッチしなければならず、なかなかすぐには撮影できません。こういう面倒な作業を「Blaze Wear」は解消してくれます。スリープ時間の変更方法は、アプリドロワーから「Blaze」をタップして、リストから時間を選択します。デフォルトは 5 秒で、消灯しない設定も可能です。ただ、「消灯しない」に設定した場合でも数十秒で消灯するなど動きは不完全なのでご注意ください。「Blaze」(Google Play)

■関連記事
LG V10にAndroid 6.0アップデートが配信開始
Sony Mobile、ライブ配信アプリ「Live on YouTube」を01.00.55にアップデート
ファイブゲート、キッズ・ベビー・マタニティーに特化したAndroid用フリマアプリ「フリママ」をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP