体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

築50年以上の古家がリノベーションで新築同様に

築50年の戸建て住宅をリノベーションで長寿命の省エネ住宅に

国が発表した統計では、8軒に1軒は空き家だ。こうした背景から、住まいの選択肢に、中古住宅を買ってリノベーションして住むという選択肢も徐々に広がってきている。ただし、昔に建てられた住宅と新築住宅では、耐震性能や省エネ性能の差は歴然としてある。ところが最近では、古い住宅でも、新築同様の性能とするリノベーション住宅が誕生してきている。

築50年以上の一戸建てが、新築同様によみがえった

「リノベーションといえども基本性能は新築と同等レベルを目指しました」と話すのは、(株)リビタ・戸建事業部チーフディレクターの宇都宮惇さんだ。

小田急線で新宿から約20分の千歳船橋駅が最寄り。世田谷区桜丘の閑静な住宅地のなかに、一戸建て住宅をリノベーションした「世田谷桜丘の家」はある。外観は、白い箱を二段重ね、庇や連窓のサッシ枠の黒がクッキリと印象的なたたずまいだ。

もともとの建物については、はっきりとは分からないが、登記簿では昭和30年代と確認できるものの実際はそれよりも古く、軽く50年はたつ古家だったという。

改修前の建物の写真を見ると、かなり古ぼけて傷んでおり、建物の形や大きさも現在とは異なっている。これが、リノベーションによって新築同様によみがえった。【画像1】2015年12月、リノベーションを行った「世田谷桜丘の家」。白い箱を重ねたような外観が印象的だ(写真:リビタ) 【画像1】2015年12月、リノベーションを行った「世田谷桜丘の家」。白い箱を重ねたような外観が印象的だ(写真:リビタ)【画像2】「世田谷桜丘の家」夜景。1階は周辺からの視線に配慮して高い位置に、2階は大きめの開口部が連窓とされ、モダンな雰囲気だ(写真:リビタ) 【画像2】「世田谷桜丘の家」夜景。1階は周辺からの視線に配慮して高い位置に、2階は大きめの開口部が連窓とされ、モダンな雰囲気だ(写真:リビタ)【画像3】改修前の「世田谷桜丘の家」。推定築50年以上の古く傷みの激しい住宅だった。形も改修後と大きく異なる(写真:リビタ)

【画像3】改修前の「世田谷桜丘の家」。推定築50年以上の古く傷みの激しい住宅だった。形も改修後と大きく異なる(写真:リビタ)

中古の一戸建ては壁・床・天井を剥いではじめて傷みの度合が分かる

1 2 3 4 5次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会