ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

意外と知らない?「大井町」が穴場な理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

みなさんは住む場所を探すとき、どんな条件を優先するだろうか?

通勤の便は大事だけど、家賃はなるべく抑えたい!でも、駅近がいいし、買い物も駅前で済ませたいしなぁ……などなど、どの条件も捨てがたくて悩んでいる人は多いのではないだろうか?

そんな希望をかなえてくれる穴場な街のひとつがココ、大井町だ。

大井町の穴場的要素4つ

さっそく、大井町の穴場的要素を紹介していこう。

その1 品川区内屈指の交通の良さ

品川区のほぼ中央に位置する大井町駅には、JR京浜東北線・東京臨海高速鉄道りんかい線・東急大井町線の3線が乗り入れており、交通の便の良さは区内でも屈指。

品川駅へは3分、東京駅へは12分。りんかい線を利用すれば、オフィスの集まる品川シーサイド駅へは2分、天王洲アイル駅へは4分、東京テレポート駅へは7分と、お台場方面への通勤もラクラク。渋谷(10分)・新宿(16分)へも乗り換えなしで行くことができる。

その2 駅前がしっかり栄えている

駅前には、「アトレ大井町」「イトーヨーカドー」「ヤマダ電機」のほか、2011年3月にオープンした「阪急大井町ガーデン」などの商業施設があり、日用品の買い出しは駅前だけでもバッチリ。

駅直結の「アトレ大井町」は、「無印良品」「ユニクロ」「TSUTAYA」などの生活基本ショップを押さえているほか、「ジェクサー・フィットネスクラブ大井町」やネイルサロンや美容院、歯科医院など、駅前にあったらうれしいショップもしっかりフォローされている。

品川区役所や「品川区立総合区民会館(きゅりあん)」といった行政施設が駅近なのもポイントが高い。

その3 駅近物件が比較的お手ごろ

これだけ交通至便で駅前も栄えていながら、大井町は、駅近物件が比較的リーズナブルに探しやすい。1LDK・2K・2DKの家賃相場は13.83万円と、お隣の品川駅の17.57万円よりも3.5万円以上も安いのだ(SUUMO・賃貸家賃相場 2015年9月21日現在)。

駅近物件が探しやすいのは、繁華街やオフィス街の規模が大き過ぎず、住宅街までの距離が近いためだ。

近隣の品川駅や渋谷駅などの巨大ターミナル駅に比べ、駅構内の移動がラクなのも隠れたポイント。

物件を探す際は、「会社のある◯◯駅まで1本」「◯○駅まで急行で★分」といった、「駅から会社のある駅までの通勤時間」にとらわれがちになり、「駅までの移動時間」と「駅構内での移動時間」を見落としやすい。

ヘタをすると、「最寄駅から会社までは15分だけど、家からホームにたどり着くまで30分かかる」なんていうことも。これではせっかく交通至便な立地を選んだ意味がない。大井町は、その点でもバランスのいい街なのである。

【画像1】仕事帰りのビジネスパーソンでにぎわう「東小路(あずまこうじ)」(写真撮影/次にくる住みたい街はここだっ!取材班)

なんといっても、大井町最大の魅力は、東口周辺に広がるレトロな飲食街だろう。

この界隈の特徴は、「東小路(ひがしこみち)」と「平和小路」を中心に、アットホームな個人商店が無数にひしめいている点。ジャンルは昔懐かしい洋食や中華、立ち飲みなどなんでもあり、最近ではオシャレなバルなども増えてきている。よりどりみどりの店のなかから、自分だけの「行きつけ」を見つけていくのは、大井町に住む醍醐味(だいごみ)だろう。

いかがだろうか。今まで大井町を視野に入れていなかった人も、ぜひ現地を訪れて、その魅力を味わってみてほしい。●「次にくる住みたい街はここだっ! ~大井町編~」
元画像url http://suumo.jp/journal/wp/wp-content/uploads/2016/02/106744_main.jpg
住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

関連記事リンク(外部サイト)

情報感度が高い若者が、「清澄白河」に住みたがるワケ
永遠のライバル「大宮」VS「浦和」が今年もアツい
名実ともにセレブタウンへと進化を遂げた「二子玉川」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP